加速ラップで逃走V 持ち込み馬タングルウッドに★6つ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後続に影も踏ませず タングルウッド

10/9(月) 京都5R 2歳新馬 芝1800m外
タングルウッド 牡 馬体重:464kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:藤岡佑 厩舎:(栗) 中内田
生産:ノーザンファーム
馬主:寺田千代乃
父:Siyouni
母:アピール2(Selkirk)

最内枠から好スタートを決めるとそのままハナへ立ち、マイペースの逃げに持ち込んだ。3角の坂の頂上付近から徐々にペースアップすると、ラスト3F11秒6-11秒3-10秒8という加速ラップを演出し、最後は後続に3馬身差をつける快勝劇。なかなかの好メンバーが揃っていたが、勝ちっぷりは見事と言える。逃げには拘らないタイプで、次走以降も要注目。

タングルウッド

芦毛の持ち込み馬タングルウッドが逃げ切り勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

パドックではうるさい素振りもなく、キッチリと仕上がっていたのが好印象。繋はやや長目に映るが、柔軟性も十分に備わっている。とはいえ一瞬のキレで勝負するタイプではなく、ユッタリと走れる条件向き。2000m位までならこなせていいが、どちらかと言うとマイル寄りの馬体。まだ成長の余地もある。

血統診断

父のSiyouni(シユーニ)は日本ではあまり馴染みのない名前だが、2歳時にジャンリュックラガルデール賞(仏・GI)を勝った、早熟の短距離馬。ヌレイエフから連なるこの父系は短距離志向が強いのが特徴。母父Selkirk(セルカーク)は英国のマイルGI・クイーンエリザベス2世Sの勝ち馬。日本では母父としてレッドセシリア(阪神JF3着)などを出している。その点から言っても適性はマイル前後になってきそう。

馬券の狙い目→マイル戦を中心としたレースが主戦場になるか。デイリー杯2歳S(京都1600m)など、長い直線のスピード勝負向き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル