ビリーヴの仔ジャンダルムが快勝 レースレベルには疑問符

佐藤直文 レース回顧
デイリー杯2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血統通りの大物? 抜群の瞬発力でジャンダルム

 少頭数でのスローペースとなったとはいえ、1分36秒3の決着タイムは、距離が1600mとなった1997年以降で良馬場としては最も遅く、まだ稍重発表だった午前中の未勝利戦で1分34秒5が出ていたのだから、馬場のせいとは言えない。レースのレベル自体の問題かどうかは、この組の次走以降でハッキリとするだろう。

 ジャンダルムは、母がスプリントGI2勝のビリーヴで兄姉も短距離志向だが、このスローな流れでも抑えが利いていて、故障馬のアオりを受けながらも、全く怯むところもなかった。直線では、進路を外へ取ろうとして内へ切り替えるロスはあったが、ラスト3ハロンのレースの上がりが12秒4-11秒6-11秒3というゴールに近づくほど早くなるラップを、一気に突き抜けた瞬発力は相当なものだった。前述したレースのレベルはともかくとして、今後の成長が楽しみな馬だと言える。

ジャンダルム

内目で末脚を伸ばしたジャンダルム(左)が優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着カツジは、道中は離れた2番手で折り合って運び、直線でも後続を待って追い出されたが、瞬発力勝負で勝ち馬に屈した形。レースセンスと自在性に長けていることで、今日の流れもプラスに働いたように思える。

 3着ケイアイノーテックは、直線で思ったほど弾けず、ジリジリとしか脚を伸ばせなかったが、プラス22キロの馬体重が成長分以上に重かったということか。ただ、調教での動きから重賞を勝てるだけの馬だとは思う。

 4着フロンティアは、好位を運んだとはいえ4角では前とは少し差があり、過去2戦とは違う形の競馬になってしまった。ある程度流れていれば今日の競馬でも良かったかもしれないが、スローであのポジションから勝負になるほどの瞬発力はない。

 5着ナムラアッパレは、これだけ時計がかかったからこその入着と言えるが、ここ2戦のダートよりも芝の方がいいことは確かだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル