名物重賞ステイヤーズS 断然人気アルバートの対抗馬は…

重賞データ攻略
ステイヤーズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最長の3600mという距離で行われる伝統のGII・ステイヤーズS。3連覇を狙うアルバートを阻む馬は果たして現れるのか、データで徹底分析する。

関西馬&関東騎手の組合せに注目

 10頭立てと寂しい頭数になったが、これも当レース2連覇中のアルバートに対するリスペクトか。まずは基本的なデータを整理してみよう。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔2.2.0.8〕
4歳〔1.3.4.18〕
5歳〔4.1.1.30〕
6歳〔1.2.1.29〕
7歳以上〔2.2.4.33〕

東西別成績(過去10年)
関東馬〔4.2.3.68〕
関西馬〔6.8.7.50〕

騎手所属別成績(過去10年)
関東騎手〔7.7.8.91〕
関西騎手〔0.3.2.19〕
外国人騎手〔3.0.0.8〕
※関西馬&関東騎手〔5.5.6.29〕

 3歳馬の活躍も目立つレースだが、全体的には年齢は不問。とはいえ、今年の出走馬は全て5歳以上。7歳以上で馬券に絡んだ8頭のうち、トウカイトリック(3回)を除く5頭は前走で1桁着順&勝ち馬から1秒差以内。どちらもクリアしていないカムフィーサイモントルナーレは消し。

 ここ2年は関東馬のアルバートが連覇したが、全体的には関西馬が優勢。ただし、馬券に絡んだ馬の多くは関東騎手によるもので、関西馬&関東騎手の組合せが好成績。更に、前走から継続して騎乗していた場合、〔4.0.2.5〕と半数以上が馬券に絡んでいる。今回はシホウがこのパターンにピッタリ当てはまる。

中心はアルゼンチン共和国杯

 基本的に全ての馬が距離延長となるレースだが、ステップ別の成績は以下の通り。

前走レース別成績(過去10年)
アルゼンチン共和国杯〔7.2.5.44〕
京都大賞典〔1.1.0.3〕
1600万〔1.3.2.20〕
OP特別〔0.3.1.16〕
GIII〔0.0.0.6〕
GII〔8.3.6.56〕
GI〔1.1.1.8〕

 アルゼンチン共和国杯組は馬券に絡んだ14頭中10頭が前走1桁着順。また、前走4番人気以内なら〔1.3.2.3〕と安定した成績。アルゼンチン共和国杯で2番人気4着と最先着のアルバート。他にはシホウプレストウィックも候補に挙がる。

 ◎はやはりアルバート。2013年以降の芝3000m以上のレースでは1番人気が〔18.0.2.9〕と、勝率60%超え。当レースの連覇も、今年のダイヤモンドS制覇も、ムーアJの手によるもの。メンバーをパッと見渡しても3連覇に期待するのが当然か。

アルバート

今年も鞍上ムーアで必勝態勢のアルバート(撮影:日刊ゲンダイ)

 前述のシホウプレストウィック以外で押さえるなら、7歳以上の高齢馬だが、シルクドリーマーフェイムゲームシルクドリーマーは前走の札幌日経OPで0.1秒差の2着と高齢馬の好走条件に合致。フェイムゲームはダイヤモンドS連覇、天皇賞(春)2着の実績がありながら、ステイヤーズSは初参戦。前走の京都大賞典は0.9秒差の10着だが、叩き2戦目のGII~GIIIに限れば〔2.0.1.0〕。実績面ではアルバートと肩を並べる存在だけに、こちらも要マーク。

結論

◎アルバート
△シホウ
△プレストウィック
△シルクドリーマー
△フェイムゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル