大外から末脚一閃! ハーツクライ牝駒レッドイリーゼに★7つ

2017年の最後を飾ったのが2歳GI・ホープフルS。当日の中山は2歳馬の熱戦が続いたが、中でも直線一気の末脚でデビュー勝ちを果たしたレッドイリーゼが★7つを獲得!

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目指すは桜の舞台 レッドイリーゼ

12/28(木) 中山5R 2歳新馬 芝1600m外
レッドイリーゼ 牝 馬体重:454kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:松岡 厩舎:(美) 手塚
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング
父:ハーツクライ
母:スタイルリスティック(Storm Cat)

新馬戦にしてはペースが落ちなかったが、1番人気の逃げ馬が2着に粘る展開。道中は中団やや後ろにいたレッドイリーゼだが、残り800m辺りから仕掛けて進出を開始し、大外を回るロスをモノともせず、直線は豪快に突き抜けた。鞍上の松岡Jが鼻息を荒くして期待をかけるのも頷ける勝ちっぷりと言えよう。

レッドイリーゼ

1頭違う脚色でデビュー勝ちを収めたレッドイリーゼ(橙帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

450キロ台で牝馬としては標準的な馬体重。見栄えが良くてスラッと見せながらもトモにボリュームがある、父ハーツクライ産駒らしいシルエットだ。パドックでは落ち着いて周回できていたようだが、ゲート入りに手こずった様子。気性面については次戦以降も注意したい。決してマイル色の強い馬体ではなく、1800m~2000m位ならこなせそうなタイプで、成長余地もまだ十分。

血統診断

母スタイルリスティックはアメリカで走り、芝のGIIIで3着がある。素晴らしいのはその血統で、半弟ナサニエルはKジョージ6世&QES、エクリプスSを制し、半妹グレートヘヴンズは愛オークス馬。本馬の兄レッドアンシェルは今年のアーリントンCで2着に入り、NHKマイルCでも4着に好走している。兄弟馬の傾向から言えば、瞬発力豊かで自在性のある中距離馬というイメージ。

馬券の狙い目→マイル前後~2000mまでは守備範囲。クイーンC(東京芝1600m)のような広いコースの末脚勝負向き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル