これぞハーツ産駒の成長力 レノヴァールがダービー戦線に殴り込み

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成長力◎で500万を突破 レノヴァール

1/21(日) 中山9R 若竹賞(500万下) 芝1800m
レノヴァール 牡 馬体重:506kg(-2)
騎手:M.デムーロ 厩舎:(栗) 高野
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
父:ハーツクライ
母:データ(Roy)
初勝利時の評価:★★★★ 4点〔1000万クラス〕

好スタートを決めて、序盤は中団~好位のインコースで待機。勝負所で1番人気のディロスを目標にして外目に持ち出されると、直線は逃げるバケットリストとの差を一歩毎に詰めていき、ゴール前で差し切った。昇級2戦目、確かな成長を感じさせる勝ちっぷり。

レノヴァール

若竹賞で2勝目をあげたレノヴァール(撮影:日刊ゲンダイ)

長所

500キロ前後の馬体は各部の造りがシッカリとしており、パワーを感じさせる。それでいてまだ成長途上で伸びシロのあるシルエット。ストライドが大きく、パワータイプでありながらも長目の距離への適性も十分に備えている。経験を積むごとに、時間が経つごとに成長しているのも好印象。

短所

初勝利時に指摘したのは瞬発力に欠けるという点。以前よりも良化した感触もあるが、一線級とやりあうにはまだ物足りない。ハーツクライ産駒の長距離タイプらしく「本格化は古馬になってから」という印象だ。

日本ダービー 想定単勝オッズ

(→)1番人気 ダノンプレミアム 3.7倍
(→)2番人気 ワグネリアン 5.3倍
(→)3番人気 オブセッション 6.4倍
(→)4番人気 タイムフライヤー 7.6倍
(→)5番人気 グレイル 11.6倍


(NEW)16番人気 レノヴァール 40.0倍

レノヴァールは16番人気想定でのランクイン。今回は好内容だったが、ライバル達の実力を考えると、物足りない部分は多い。ハーツクライ産駒の成長力を加味しても、現評価はここまで。

なお、同じハーツクライ産駒で昨年暮れのホープフルSを勝ったタイムフライヤーは、鞍上にルメール騎手を迎えて3月17日の若葉Sから始動することが決定した。オブセッションなど他の有力馬ともコンビを組むルメール騎手が、最終的にどの馬を選ぶのかも興味深い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル