磐石の走りラッキーライラック 本番でも主役の座は揺るぎなし

佐藤直文 レース回顧
チューリップ賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

折り合いバッチリで無傷の4連勝 ラッキーライラック

 今年からGIIに昇格した効果もあってか、阪神ジュべナイルフィリーズの上位3頭が顔を揃える豪華メンバーとなった。GIIIだった昨年までも、メンバーの質は今週のフィリーズレビューより高い傾向にはあったが、今後はその傾向にも一層拍車がかかることだろう。

 ラッキーライラックは、行きたい馬を先に行かせ、テン3ハロン35秒4のスローな流れでも、課題の折り合いが付いて我慢できていた。直線を向いて余裕の手応えで先頭に立つと、気を抜かせずに追った鞍上の手綱に応えて最後まで脚が鈍ることなくの完勝。今日は少頭数だったが、このレース運びならフルゲートでも不安はない。前走の阪神JFから1秒近くも時計を短縮したばかりか、同じ舞台での2連勝を含む無傷の4連勝で臨む本番も、主役の座は揺るぎないだろう。

ラッキーライラック

2歳女王ラッキーライラックが無傷の4連勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着マウレアは、人気を裏切った前走のクイーンCでは少し持って行かれ気味だったが、今日はスムーズに折り合えていた。勝ち馬を見る形で運んで、最後までその差が詰まらなかったとはいえ、阪神JFの2着馬に追い勝ったことは評価できる。本番に向けては、ギリギリに映った今日の馬体を維持できるかが鍵となるだろう。

 3着リリーノーブルも、勝ち馬をマークしながら運んだが、直線で上位3頭の中で一番先に鞍上の手が動いた割には差が詰まらなかった。プラス4キロの数字以上に馬体に余裕があったことも確かだが、本来はもっと距離が延びていい馬かもしれず、本番で今日の上位2頭を逆転するのは難しいかもしれない。

 4着サラキアは、出遅れて後方からの競馬となり、3着から2馬身の差が付いたが、上がりの脚は上位馬とは遜色がなかった。キャリアを考えても、素質の高さは示したと言える。

 5着レッドランディーニも、4着馬と同様の競馬。末脚は確かなものがあるだけに、レース運びが巧くなれば出世も十分可能だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル