大外枠からのワンマンショー リズム良くテンポ良くカワキタエンカ

佐藤直文 レース回顧
中山牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イレ込みなく折り合いピタリ カワキタエンカ

 前日までの雨の影響で稍重発表の馬場だったが、回復は進んでいただけに、前半1000m通過61秒8のラップはかなりのスローペース。まさに行った者勝ちの競馬だった。

 カワキタエンカは、大外枠でもスンナリと自分の形に持ち込み、前半は後続を離しての逃げだったが、前述したようにペースは遅く、なおかつ3コーナーからは後続を引き付けて脚を溜めたことで、最後まで脚が鈍ることもなかった。53キロのハンデも生かし切ったと言えるが、今日はイレ込みもなく鞍上との折り合いがピタリと付いたことが最大の勝因だろう。

カワキタエンカ

スローで逃げたカワキタエンカ(桃帽)がそのまま押し切って重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着フロンテアクイーンは、好位から前を見ながら運んで、4コーナーでは勝ち馬の直後。完璧に乗られており、この馬なりには走っているのだが、勝ち馬の二枚腰に屈した形だ。これで4度目の重賞2着で、いずれは勝てるとは思うのだが、こういうタイプの馬はなかなかチャンスをモノにできないことも確かだろう。

 3着レイホーロマンスは、道中は後方を追走する形だったが、4コーナー手前からエンジンを点火させて大外から目立つ伸び。前半のラップがもう少し速かったなら、あるいは、と思わせる脚だった。前走の愛知杯が51キロ、今回も52キロと恵まれたハンデだったとはいえ、もう別定戦でも目が離せないだろう。

 4着トーセンビクトリーは、内枠もあってかスタートから出して行ってポジションを取りに行った形。ソツのない競馬はできていたが、昨年よりも3キロ重いハンデが微妙に響いたか。

 5着ブラックオニキスは、好位から流れ込んだ形で、重賞で勝ち負けできるレベルには達していない感を受けたが、まだまだ良くなる余地は残している馬だ。

 エテルナミノルは、最内枠で出負け気味だったとはいえ、2走前ほどの出遅れではなく、鞍上がその気になれば好位で運ぶことができたはず。前走の立ち回りは何だったのか、と言いたくなるレースぶりだった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル