激流から弾けたリバティハイツが、無傷の女王に挑戦状

佐藤直文 レース回顧
フィリーズレビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千四よりもマイルの馬 リバティハイツ

 短距離志向の馬が揃ったこともあって、前半3ハロンが33秒7の厳しいラップ。1400m戦であっても、マイル戦並みにスタミナの要求される流れとなったことで、この上位馬は本番でもひょっとしたら、の感を抱かせた。

 リバティハイツは、道中は馬群でしっかりと脚を溜め、直線でも少し追い出しを待たされるシーンがあったが、ラストの力強い伸びで抜け出したもの。前走などを見ても1400mは短い印象を受けた馬だが、前述したようにマイル適性が問われる流れで力をフルに発揮できたと言える。本番でも無傷の2歳女王を脅かす存在となるだろう。

リバティハイツ

グイッと伸びた8番人気リバティハイツ(左黄帽)が優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アンコールプリュは、出遅れて前走同様に後方から運ぶ形となったが、勝負どころから追い上げを開始して、4コーナーでも外を回ることなく射程圏に進出することができた。ラストも目をひく伸びで、これまた1400mよりもマイルでこそのタイプ。課題のスタートさえ克服すれば、本番でも上位争いが期待できそうだ。

 3着デルニエオールは、枠なりに好位を巧く立ち回り、この時期の兄にはなかった器用さを見せた。直線でもなかなかの勝負根性を見せて本番への切符を手にした形だが、本当に良くなるのはもう少し先かもしれない。

 4着アンヴァルも、3着馬同様の立ち回りで最後まで渋太く脚を伸ばしていた。距離もマイルまではもちそうだ。

 5着ギンコイエレジーは、飛ばす先行勢を見ながら、好位で巧く流れに乗れていた。このメンバーでコンマ2秒差なら、自己条件へ戻ればアッサリまである。

 アルモニカは、今日の厳しい流れを先行して直線半ばで一旦は先頭に立つシーン。6着でも着差は僅かで、力は示した。対照的にモルトアレグロは、スタート直後の接触でムキになったかの走り。速い時計の決着への対応も課題として表れたように思う。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル