末恐ろしやミスターメロディ 折り合い付けばマイルまでOK

佐藤直文 レース回顧
ファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての芝でこの強さ ミスターメロディ

 モススーパーフレアがガンガン飛ばして行く展開となったが、それでいてテンの3ハロンは34秒9と見た目ほど速くはなく、後方からでは間に合わない流れだった。

 ミスターメロディは、序盤こそ折り合いに苦労する面も見せたが、馬の後ろで宥められてからはスムーズな走りで、これが初芝とは思えぬ鮮やかな勝ちっぷりだった。距離に関しては気性の問題だけで、今日のように折り合いが付けばマイルまではこなせるはず。今後の選択肢も大きく拡がったと言えるだろう。

 2着アサクサゲンキは、勝ち馬とほぼ同じ位置で流れに乗り、直線でもうまく粘り込めたもの。ただ、今日のところでは緩めの流れに助けられた感があり、タイトな流れになればマイルはおろかこの距離でも厳しい馬だ。

 3着フロンティアは、中団から運んでスパッとはキレなかったがジリジリと脚を伸ばした形。今日のような競馬を覚えて、レース運びの幅も拡げて行けば、マイル路線で再浮上の余地もある。

 4着アンブロジオは、前々で運んでの粘り込み。展開には恵まれたものの、上位とは力の差を感じる内容だったか。

 5着モズスーパーフレアは、前述したように、見た目ほど速くはない流れで気分良く逃げることができた。それでこの結果なら、1400mは1ハロン長いと言わざるを得ない。

 ダノンスマッシュは、出負けして届かないポジションとなったのは仕方ないとしても、今日のペースならもう少し早目に進出することも可能だったはず。力の差というよりも、そういった器用さに欠いての敗戦だった。テンクウも、スタート後の捌きが一息で絶望的な位置取り。直線では懸命の横歩きでインから外へ持ち出して伸びたが、時すでに遅しで、これまた今後に課題を残す内容だった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル