レインボーラインは天皇賞でも好勝負 クリンチャー敗因は「実力」

佐藤直文 レース回顧
阪神大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この走りは盾へ架ける橋 レインボーライン

 前半1000m通過が60秒1。そこからペースが緩んだものの、思った以上にペースは流れた。少し力が足りないと思える3頭が先行して、4番手にクリンチャーという隊列は、後続馬にとっては目標も絞りやすかったと言えよう。

 レインボーラインは、序盤は自分のリズムを守って後方を運び、2週目の3コーナー手前から進出を開始。そこからの反応が抜群に良く、直線を向いたところではもう前を射程圏に捉えていた。抜け出すのが少し早いかとも思えたが、一頭になってもゴールまで脚が鈍らなかったあたり、やはりステイヤーとしての資質が高い馬。天皇賞でも間違いなく好勝負になるだろう。

レインボーライン

念願のビッグタイトル獲得へレインボーラインが前哨戦を快勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サトノクロニクルは、勝負どころから勝ち馬と一緒に仕掛けていったが、その時の反応の差が勝ち馬との差だったように思う。直線を向いて少し追いづらくなるシーンはあったものの、目標の3着馬をしっかりと捕らえ切ったあたり、長距離への適性は十分に示したと言える。

 3着クリンチャーは、前述したように後続の格好の目標とされてしまった形だが、本質的に内回りコースが合わない感も受けた。加えて、菊花賞も京都記念も道悪適性の高さで好走できた可能性も拭えず、今日のところは実力的にも妥当な着順だったかもしれない。

 4着アルバートは、後方から自分の競馬に徹したが、ここまでが精一杯だった。4コーナーの位置取りを考えても仕方ないと言えるが、このあたりが限界なのだろう。

 5着カレンミロティックは、バテた馬を交わして流れ込んだ程度だったが、それでも10歳にしての掲示板確保には頭が下がる。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル