東上最終便はステイフーリッシュ ダービー18頭ほぼ確定、想定オッズは?

“東上最終便”としておなじみの京都新聞杯でダービー候補に名乗りをあげたのは、2番手から抜け出したステイフーリッシュ。2月の共同通信杯での敗戦から立て直されただけでなく、馬体重プラス16キロでの快勝劇で、更なる成長を示した。先週でダービーの主たる前哨戦は終了したが、想定オッズはどう変動したか。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
京都新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敗戦を糧に更なる成長 ステイフーリッシュ

5/5(土) 京都11R 京都新聞杯(GII) 芝2200m外
ステイフーリッシュ 牡 馬体重:454kg(+16)
騎手:藤岡佑 厩舎:(栗) 矢作
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
父:ステイゴールド
母:カウアイレーン(キングカメハメハ)
初勝利時の評価:★★★★★ 5点〔1600万クラス〕

スタートを決めて二の脚も付いたことで道中は2番手へ。1000m通過は58秒5と速い流れになり、一旦は落ち着いたものの、ラスト3Fが11秒3-11秒4-11秒9で持続力を問われる展開。直線でアッサリと抜け出すと、そのまま後続の追撃を封じ込めた。前走で減った馬体を戻し、好時計&好内容Vでダービーへ駒を進めることに。新馬勝ち直後に挑んだホープフルSでも3着と素質は高く、本番でも侮れない存在になりそうだ。

ステイフーリッシュ

完勝のステイフーリッシュがダービー候補に名乗り(撮影:日刊ゲンダイ)

長所

今回のような速いペースで2番手からレースが出来たのは大きな収穫。ペースの緩急にも対応できていたし、前走の敗戦から馬体の回復だけでなく、精神面の成長もあったと見える。左回りにしても、ダービーと同じコーナー4つの条件は新馬戦で経験済み。本番でも流れや展開に応じた立ち回りができそうだ。

短所

不安点は長距離輸送だろう。3着だったホープフルSは何ともなかったが、前走の共同通信杯はマイナス12キロ。パドックでも少しテンションが高く、実戦でも折り合い重視のレース運びで力を出し切れなかった。ディープブリランテのダービーなど、関東遠征で結果を残している矢作厩舎だけにキチッと対応してきそうだが…。

日本ダービー 想定単勝オッズランキング

(→)1番人気 ダノンプレミアム 3.5倍
(→)2番人気 ブラストワンピース 6.2倍
(→)3番人気 キタノコマンドール 7.8倍
(→)4番人気 エポカドーロ 9.1倍
(↑)5番人気 ワグネリアン 13.3倍

(↑)8番人気 ステイフーリッシュ 18.2倍

(↑)12番人気 ギベオン 26.7倍

(↑)15番人気 コズミックフォース 50.0倍

(NEW)18番人気 テーオーエナジー 100.0倍

京都新聞杯、プリンシパルS、NHKマイルカップに出走した馬の順位が、それぞれ変動。また、3日の交流重賞・兵庫チャンピオンシップを勝ったテーオーエナジーが、ダービー出走を表明したため、今回初登場となった。

主たる前哨戦が終了した時点でのダービー出走18頭の枠は、収得賞金2050万円のグレイルまで。収得賞金2000万円のアドマイヤアルバ以下が除外対象になる見込みだ。

【出走ボーダーも掲載】日本ダービー想定18頭&単勝オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル