名に相応しいタフネスさが武器か 重馬場Vアンブロークンに高評価

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スケール大きい「不屈の男」 アンブロークン

6/24(日) 東京5R 2歳新馬 芝1800m
アンブロークン 牡 馬体重:500kg
★★★★★ 5点
騎手:石川 厩舎:(美) 手塚
生産:ノーザンファーム
馬主:馬場幸夫
父:ヴィクトワールピサ
母:リップスポイズン(Mamool)

発馬の速い馬が多く、その点では見劣ったが、すぐに加速して2番手へ。行きっぷりが良すぎて抑えるのに苦労するようなシーンもあるほど。4角を先頭で回ってくると、そのまま後続を振り切ってデビューV。2着馬との着差は半馬身差だが、力の差はそれ以上に映った。スケールの大きさを感じさせる走りで、今後の成長が楽しみだ。

アンブロークン

アンブロークンが人気に応えてデビュー戦を勝利(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

500キロと大柄な部類だが、見た目にはコンパクトにまとまっていて馬体重を感じさせない造り。仕上がり自体が良かったと言うこともできるが、シルエットを見た感じではまだ成長途上の部分も多いか。ただ、各パーツの造りはシッカリしており、「不屈の男」の名に相応しいタフネスさがありそう。前向きな気性の制御は課題の1つだが、馬格があるのでダートでも。

血統診断

母はGII・独1000ギニーの勝ち馬で、甥に独・GI勝ち馬がいる。母父Mamoolは2400mの独・GIを2勝、3000m超のレースでも勝ち鞍があるステイヤー。本馬の父ヴィクトワールピサはジュエラー(桜花賞)を除けば、ややキレ味不足の感がある。両親の血統を総合すると、中長距離戦を持久力で勝負するタイプ。

馬券の狙い目→瞬発力勝負では勝ち切れないケースも。中距離戦なら芝・ダートは問わないタイプで持久力の問われる展開なら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル