トリオンフには不安なデータが… 波乱もあり得る今年の小倉記念

重賞データ攻略
小倉記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サマー2000シリーズの第3戦。昨年ハナ差2着の雪辱に燃えるサンマルティンや小倉大賞典とのW制覇を狙うトリオンフなど、12頭立てとはいえ拮抗したメンバー構成。気になるデータ班のジャッジは?

1番人気馬は過去10年で0勝

 過去10年で1番人気が〔0.3.2.5〕と勝利はないが、半数が馬券に絡んでおり、2~4番人気もそれぞれ4頭ずつが馬券に絡んでいる。アッというような伏兵が来るシーンもあるが、配当的には穏やかな年も多い。

東西別成績(過去10年)
関東馬〔0.1.1.6〕
関西馬〔10.9.9.115〕

 そもそも関東馬の出走自体が珍しいのもあるが、馬券に絡んだ2頭は1~2番人気馬。昨年2着のサンマルティンは今年も上位人気が予想されそうで、その点から言えば注意が必要。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔0.2.0.1〕
4歳〔3.3.0.17〕
5歳〔4.3.6.33〕
6歳〔0.1.3.34〕
7歳以上〔3.1.1.36〕

 馬券の中心は4~5歳馬。ただ、高齢馬の好走も目立つレースであり、7歳以上で馬券に絡んだ5頭中4頭は「近5走以内にOP・重賞で3着以内」があった。メンバー唯一の7歳馬メドウラークは前走の七夕賞を制しての臨戦。引き続き侮れない存在になりそう。

斤量増の馬に落とし穴が…

 当レースにおける牝馬は〔1.0.2.13〕という成績。そのうち52キロ以下が〔0.0.0.8〕で、55キロの馬が1着、53キロの馬が3着2回という構図。牝馬のカテゴリーで候補に挙げるなら、51キロのレイホーロマンスよりも54キロのキンショーユキヒメか。対する牡馬・セン馬の斤量別成績は以下の通り。

斤量別成績(過去10年、牡馬・セン馬)
51キロ以下〔0.0.0.3〕
52キロ〔1.0.1.8〕
53キロ〔1.1.0.19〕
54キロ〔1.2.0.12〕
55キロ〔2.1.2.27〕
56キロ〔2.4.0.19〕
57キロ〔2.2.2.15〕
57.5キロ以上〔0.0.3.5〕
今回斤量増〔1.1.3.10〕
増減なし〔4.5.3.59〕
今回斤量減〔5.4.4.52〕

 全体的に満遍なくどの斤量からも好走馬が出ており、流石に57.5キロ以上の重量馬は3着までという結果になっているが、今年は不在。ハンデから狙いは絞りにくい。

 ただし、注意したいのは前走から斤量増になる馬。率的には他と遜色ないが、この組は前走1着馬が〔1.1.3.4〕に対して前走2着以下が〔0.0.0.6〕。前走から斤量増になるのはトリオンフマイネルサージュメドウラークの3頭だが、データ的にはトリオンフマイネルサージュは割引き。

前走GI組が強い

 福島と小倉で距離は遠いものの、臨戦過程の多くはサマー2000シリーズ緒戦の七夕賞。その他となると、かなりバラつきがある。そのステップ別成績は以下の通り。

前走レース別成績(過去10年)
七夕賞〔3.3.3.41〕
1600万〔2.2.1.18〕
OP特別〔0.0.2.24〕
GIII〔5.6.6.65〕
GII〔1.0.0.6〕
GI〔2.2.1.4〕

 七夕賞組は前走1桁着順&1桁人気とすると〔3.3.3.16〕まで絞り込める。七夕賞が11番人気での勝利だったメドウラークだが、ここまでで加点材料が多かっただけにマークは必要。その他の3頭では、マイネルサージュが斤量増で、レイホーロマンスが51キロの軽量で減点があり、狙うなら前述のキンショーユキヒメだろう。

 また、好走数こそ少ないものの、前走GI組の成績が良い。やはりレベルの高いレースを経験してきたアドバンテージは大きいのだろう。中でも4歳馬が〔2.0.0.1〕、前走GI組が当レース3番人気以内なら〔2.1.1.1〕という数字もある。更に、過去10年の勝ち馬が全てサンデーサイレンスの直系産駒というデータもあり、◎はサトノクロニクルとしたい。

サトノクロニクル

2つ目の重賞タイトルを狙うサトノクロニクル(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

◎サトノクロニクル
△サンマルティン
△メドウラーク
△キンショーユキヒメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル