間違いなくクラシック候補 至極順当にグランアレグリア

佐藤直文 レース回顧
サウジアラビアロイヤルカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直線での教育も怠りなく グランアレグリア

 レコード決着だった昨年のダノンプレミアムに遅れること1秒、1分34秒0の決着タイムとなったが、昨年は前半3ハロンが34秒3のハイペースだったのに対し、今年は少頭数もあって36秒8のスローの入り。むしろ、2秒半も遅い流れから1秒差まで詰めたあたり、時計面でも評価できるだろう。何せ、勝ち馬は6月のデビュー戦を1分33秒5で駆けた馬であり、至極順当な結果と言えるはずだ。

 そのグランアレグリア。スタートで躓いたが、これはタイミングの問題でけっしてゲートに難があったわけではない。そして序盤のスローな流れで、口を割りそうになったところで、ルメール騎手が“ケンカするなら行かせてしまえ”とばかり、一気に外を上がって行ったが、2番手でピタリと止まったあたりは、一昨年のダービーでのレイデオロを彷彿とさせるもの。直線を向いて馬なりのまま先頭に立ち、あとはオイデオイデでも良かったのだが、右ステッキを入れたところで内にササり、そこで持ち替えての左ステッキと、教育も怠りない見事な騎乗ぶりだった。プラス18キロの馬体もそっくり成長分で太目感はなく、間違いなくクラシック候補と言える馬だろう。

グランアレグリア

断然人気に支持されたグランアレグリアが完勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ドゴールは、新馬勝ちが重馬場の1400mだったこともあり、速い時計の出る馬場や距離を心配する向きもあったが、出遅れて後方からとなりながらも直線ではなかなかのキレ味を見せた。距離はマイルまでと思えるが、今後も面白い存在となりそうだ。

 3着アマーティは、理想的なポジションで運べていたが、キレ負けした形。ルーラーシップ産駒だけに、もう少し距離が延びて真価を発揮しそうだ。

 4着ドラウプニルも、ルーラーシップ産駒で同じことが言えるが、こちらは序盤で掛かって頭を上げるなど、気性面にも課題がありそうだ。

 5着シャドウエンペラーは、和田騎手によると“まだ関節が柔らかすぎる”とのこと。そのあたりがパンとすれば、いずれは走ってくる馬だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル