新潟マイルで豪脚披露 父の傾向に「当てはまらない」トロシュナ

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牝馬らしからぬ豪快な末脚 トロシュナ

10/21(日) 新潟5R 2歳新馬 芝1600m外
トロシュナ 牝 馬体重:440kg
★★★★★★ 6点
騎手:秋山 厩舎:(美) 大竹
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング
父:スクリーンヒーロー
母:スーヴェニアギフト(Souvenir Copy)

スタートは一息で、道中は中団よりやや後ろを追走。1000m通過が61秒0とゆったりした流れになったが、大外を回って直線一気の豪脚を披露。レースの上がり3F34秒8を1秒以上も上回る33秒7の末脚で後続に3馬身差をつけた。牝馬限定の新馬戦とはいえ、能力の違いは歴然で、今後が楽しみだ。

馬体診断

440キロと決して大きくないサイズで、仕上がり自体は良かった。パドックでは少し周りを気にする面を見せていたものの、全体的には落ち着いていた方か。兄姉馬が気性面に難しい所があっただけに、今後も注視したい。大きな歩幅で歩けていたが、脚捌きは軽く、キレ味も十分に備えていそう。距離適性は気性次第と言えそう。

血統診断

母はアメリカのダート1200mでGIII勝ち。産駒も短距離指向は強いが、ロワアブソリュー(アーリントンC3着)など、コンスタントに4~5勝を挙げて重賞でも好走する馬が多い。父スクリーンヒーローの産駒は先行力を生かすタイプが多く、活躍馬も牡馬に偏っているが、本馬はその傾向には当てはまらない。半姉デアレガーロのように、古馬になると短距離適性が高まる可能性も。

馬券の狙い目→現状はマイル前後の距離が合っているが、古馬になって成長した後は1200m~1400m位の距離が守備範囲になるかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル