極端な脚質は割引きの武蔵野S 浮上してくる実績馬とは…

重賞データ攻略
武蔵野S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャンピオンズカップの前哨戦、武蔵野S。もうひとつの前哨戦、みやこSが今年は休止のため、重要度は例年になく増しそうな雰囲気。長い直線の果てに大舞台への切符を掴むのは…!?

3歳馬優勢だが不在で…

 昨年、7歳馬ながらこのレースを制したインカンテーション。8歳になった今年もフェブラリーSで3着に入るなど、安定した成績を収め、当レース連覇を狙ってきた。一方、ダート路線で猛威をふるう3歳勢が不在の今回、結末は一体どうなるのか。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔4.3.3.18〕
4歳〔1.1.2.24〕
5歳〔3.3.2.32〕
6歳〔1.3.2.24〕
7歳以上〔1.0.1.30〕

 3歳馬の次に成績が良いのは5歳馬。ただし、連対率や複勝率では6歳馬とほぼ互角。また、7歳以上の高齢馬は不振だが、昨年は7歳馬インカンテーションが勝利。3歳馬不在でもある今回は、それほど気にしなくても良いのではないだろうか。

単勝オッズにも注目

 1番人気は2年連続で馬券圏外。特に昨年は3着に15番人気が入り、3連単178万円の波乱となった。人気別の成績は以下の通り。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔2.2.2.4〕
2番人気〔1.1.0.8〕
3番人気〔0.1.1.8〕
4~5番人気〔3.4.0.13〕
6~10番人気〔4.1.5.40〕
11番人気以下〔0.1.2.55〕

 1番人気自体の複勝率は決して悪くないが、2~3番人気が一息。1~3番人気以内の上位人気同士の決着は2013年のみである。単勝オッズで見ると、3.0倍以下の人気馬が〔0.1.2.2〕と勝ち切れていないので要注意。また、10.0~15.0倍から勝ち馬の半数が出ている。

決め手はコース実績

 過去10年、距離短縮組が〔5.3.4.50〕、距離延長組が〔4.3.3.54〕。若干、距離短縮組が優勢だが、ほぼ互角に近い成績。前走のレース別の成績で見ると以下の通り。

前走レース別成績(過去10年)
1600万〔2.0.2.15〕
OP特別〔3.5.3.53〕
重賞〔2.1.3.36〕
地方〔3.4.2.24〕

 前走・1600万組は馬券に絡んだ4頭中3頭が前走1番人気1着の馬。前走・OP特別組は前走5着以下が〔0.1.0.32〕なので、前走4着以内がひとつの目安。ただし、前走・重賞組や地方交流組は前走の結果からの傾向がつかみづらい。

 そこで実績面に目を向けると、中央OP以上で1着(連対馬20頭中18頭)、東京ダートで1着(連対馬20頭中17頭)がクリアしておきたい条件。また、今回と同じ東京ダート1600mで連対実績があったのは先の17頭中14頭。出来ればこちらもクリアしていたい。

脚質別成績(過去10年)
逃げ〔2.0.0.8〕
先行〔2.5.5.24〕
差し〔4.4.2.55〕
追込〔2.1.3.41〕

 脚質別では比較的満遍なく馬券に絡んでいるが、やはり中心は先行~差しタイプ。極端な脚質の馬は少し割引き。前述のポイントと合わせて考えると、軸にはインカンテーション。相手候補にグレンツェントサンライズノヴァメイショウウタゲが挙がる。

インカンテーション

8歳馬ながら連覇を狙うインカンテーション(撮影:日刊ゲンダイ)

ミスタープロスペクター系に要注意

 血統面に目を向けると、ミスタープロスペクターの直系産駒が過去10年で7勝、2着3回3着4回と活躍。昨年は連対こそしなかったが、3~5着を占め、その3着馬は15番人気の大穴。血統から穴を拾いたい。

 前走・OP特別組の前走5着以下〔0.1.0.32〕というデータを踏まえると、前述のメイショウウタゲの他にユラノトクルーガーに食指が伸びる。特にクルーガーはダート替わりの一戦になるが、ダート戦でデビュー(2着)し、2戦目で勝利。その時に負かした2着馬は後に東京大賞典を勝つアポロケンタッキーだった。

結論

◎インカンテーション
△グレンツェント
△サンライズノヴァ
△メイショウウタゲ
△ユラノト
△クルーガー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル