逃げてもやっぱり強かった アドマイヤマーズが無傷で暮れへ

佐藤直文 レース回顧
デイリー杯2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次へのステップとしても上々 アドマイヤマーズ

 単勝で2倍を切る断然の支持を受けたアドマイヤマーズがハナに立つ予想外の展開。ただ、見え見えのスローを控えて馬にストレスを与えるよりも、自分のリズムで走らせることを重視した結果だったか。

 そのアドマイヤマーズ。直線では2着馬に並ばれて、一旦は前に出られるシーンもあったが、見た目以上に手応えには余裕があった。道中も楽に運べたこともあって、着差以上の完勝だったと言えるだろう。今日のような競馬を経験したことも今後への糧となるはずで、次へのステップとしても上々の首尾だったか。

アドマイヤマーズ

デビュー3連勝を決めたアドマイヤマーズ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着メイショウショウブは、ケレン味のない正攻法の競馬でここまでやれたのは評価に値する。最後は決め手の差と言えたが、先手を取って渋太さを生かすにはもう少し距離が延びていいタイプだろう。

 3着ハッピーアワーは、初距離ではあったが折り合い重視で運べたことで、直線では一番いい脚を使えていた。血統的にも、まだ距離が延びていい馬だろう。

 4着ダノンジャスティスは、上位2頭が一気にペースを上げたところで置かれてしまったあたり、能力云々よりもまだ馬が子供の感を受けた。今日のところはキャリアの差もあっただろう。

 5着ドナウデルタにも同様のことが言え、まだまだこれからの馬であろう。

 ヤマニンマヒアは、勝負どころから進出した脚には見どころがあったが、最後に外から3着馬に来られて止まったあたりは気性面の問題。素材自体は悪くなく、精神面で成長してくればもっとやれる馬だ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル