今年も波乱か京阪杯 キーワードは「前走も京都」と「内枠先行」

重賞データ攻略
京阪杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年の京都開催を締めくくる一戦はスプリント重賞、京阪杯。昨年はネロによる連覇で幕を閉じたが、今年も混戦模様の総勢18頭。最後に笑うのは一体どの馬?

波乱度は高い

 過去10年のうち、半数の5年で馬連万馬券が出ているように波乱度は高い。昨年も9→6→14番人気で決着し、3連単に至っては167万円の高配当に。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔1.2.0.7〕
2番人気〔2.0.1.7〕
3番人気〔0.4.0.6〕
4~5番人気〔3.0.3.14〕
6~10番人気〔4.2.3.41〕
11番人気以下〔0.2.4.65〕

 2桁人気でも2~3着候補なら十分に狙える範囲。信用度一息の上位人気馬だが、単勝オッズで2.0倍未満なら〔1.1.0.0〕、それに対して2.0~3.9倍が〔0.0.0.7〕となっている。

所属別成績(過去10年)
関東馬〔1.1.2.29〕
関西馬〔9.9.9.111〕

 基本的には関西馬。関東馬は4頭が馬券に絡んでいるが、4頭中3頭が前走のOP特別で3着以内。例外の1頭は前走のスワンSで上がり3F最速(6着)だった。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔2.2.1.20〕
4歳〔3.4.2.31〕
5歳〔3.4.3.40〕
6歳〔2.0.4.30〕
7歳以上〔0.0.1.19〕

 年齢的には6歳までは狙っていける。7歳以上の高齢馬となると流石に割引きが必要だろう。また、牝馬は〔2.4.3.50〕。決して悪くはない数字だ。

「前走も京都」が強い

 スプリンターズSからやや間隔もあいて、この時期のスプリントGIIIともあって、臨戦過程は多様。その内訳は以下のとおり。

前走レース別成績(過去10年)
京洛S〔3.2.3.38〕
スワンS〔2.5.2.26〕
スプリンターズS〔1.0.1.16〕
オパールS〔0.2.2.9〕
1600万〔2.0.1.7〕
OP特別〔4.5.6.75〕

 前走からの間隔も重要で、中1週は〔0.0.0.6〕、中9週以上は〔0.0.1.21〕。3着馬1頭を除けば、馬券に絡んだ馬は全て中2~中8週。休み明けは割引きが必要。

 また、前走も同じ京都コースだった馬が〔7.9.8.80〕と大半を占めており、そのうち今回と同じ京都芝1200mだった馬は〔4.4.6.50〕、前走3着以内に絞り込めば〔3.3.5.20〕と好走率はなかなかのもの。

 馬券対象の半数近くを占める前走・OP特別組は前走3番人気以内かつ前走5着以内という条件なら〔3.4.2.13〕となり、複勝率は40.9%になる。オパールSで1~2着のアンヴァルグレイトチャーター、京都芝1200mの1600万を勝ってきたエスティタートが臨戦過程から推せる馬。

エスティタート

同コースの1600万条件を勝ち上がってきたエスティタート(撮影:日刊ゲンダイ)

狙うなら内枠から

 京都開催の最終週とはいえ、枠の内外や脚質で見ると、特筆して外差しが決まっているわけでもない。むしろ内枠&先行が優勢。5~8枠〔1.4.5.83〕に対して1~4枠〔9.6.5.57〕。また、逃げ馬が〔4.1.0.5〕と半数の年で連対。勝ち馬の10頭中9頭までが4角4番手以内だった。

 1~4枠の中で先行馬、6歳以下という条件をつけると、ダイアナヘイローダノンスマッシュが浮上。どちらも休み明けになる点は割引きだが、ダイアナヘイローは当舞台で〔1.3.1.1〕と相性が良く、ダノンスマッシュは好メンバーの揃った前走で2着と力は十分。この2頭も押さえたい。

結論

アンヴァル
グレイトチャーター
エスティタート
ダイアナヘイロー
ダノンスマッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル