ステイヤーズS連対に条件あり 大記録がかかるアルバートは…

重賞データ攻略
ステイヤーズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最大の見所はやはりアルバートによる前人未到の同一重賞4連覇だろう。中央競馬最長の3600mで行われる名物GII・ステイヤーズS。偉業達成か、新星誕生か、データ班の結論は?

波乱の余地はあるか?

 アルバートが1番人気で3連覇中の当レース。特にここ近2年は1~3番人気での決着とあって、払戻しはいずれも低配当に終わっている。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔5.1.1.3〕
2番人気〔0.2.3.5〕
3番人気〔1.1.2.6〕
4番人気〔1.3.1.5〕
5番人気〔1.0.0.9〕
6~10番人気〔2.2.1.45〕
11番人気以下〔0.1.2.42〕

 1~3着のそれぞれ7頭ずつが1~4番人気の上位人気馬。近年の傾向から言っても、大振りは極力避けたいところ。

所属別成績(過去10年)
関東馬〔5.2.4.69〕
関西馬〔5.8.6.46〕

 関東馬アルバートの3連覇によって東西の勝ち星は五分になっているが、連対率では関東馬の8.8%に対して関西馬が20.0%と、関西馬が大きくリード。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔2.2.0.6〕
4歳〔1.2.4.17〕
5歳〔3.1.1.29〕
6歳〔2.2.1.30〕
7歳以上〔2.3.4.33〕

 高齢馬でも全くそん色ない成績を挙げているのが特徴。3600mという長距離戦の特殊な条件ゆえか。その一方で若い3歳馬も好成績。年齢にはこだわらずに馬券を組み立てたい。

中心はアルゼンチン共和国杯組

 臨戦過程を見ると、圧倒的に強いのがアルゼンチン共和国杯組。それも含めて、勝ち馬の10頭中9頭までが前走でGI・GIIを走っていた馬。軸選びには見逃せないポイントだろう。

前走レース別成績(過去10年)
アルゼンチン共和国杯〔7.1.6.41〕
京都大賞典〔1.2.0.4〕
1000万〔0.0.0.6〕
1600万〔1.3.2.20〕
OP特別〔0.3.1.17〕
GIII〔0.0.0.8〕
GII〔8.3.6.55〕
GI〔1.1.1.9〕

 アルゼンチン共和国杯で5番人気以内、もしくは5着以内であれば〔5.1.4.13〕で複勝率は43.5%。ただし、今年は該当馬がおらず、どちらも満たしていない馬が〔2.0.2.28〕だから、決して必須条件とも言えないか。

ステイヤーズS連対馬のポイント(過去10年)

  • 重賞3着以内(20頭中16頭)
  • 芝2400mで1着(20頭中17頭)
  • 芝3000m以上で3着以内(20頭中13頭)
  • 中山芝で3着以内(20頭中16頭)

 「芝3000m以上で3着以内」に関しては例外が7頭いるが、そのうち6頭までが芝3000m以上未経験の馬。未知の魅力があるなら話しは別だが、基本的には距離実績のある長距離適性の高い馬を狙いたい。

 上の4つの条件をすべてクリアしたのはアルバートモンドインテロ。軸ならこの2頭だ。一方、芝3000m以上の項目で例外だった7頭中5頭は関西馬。6頭は前走5着以内、4頭は近2走以内に1000万~1600万を勝っていた。狙いは勢いのある関西馬。よってアドマイヤエイカンララエクラテールを狙ってみたい。

アルバート

人気が予想されるアルバート(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

結論


アルバート
モンドインテロ

相手候補
アドマイヤエイカン
ララエクラテール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル