5連勝中の上がり馬インティは大器か? データで徹底分析

重賞データ攻略
東海S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在5連勝中で勢いに乗るインティが遂に重賞戦線へ登場! チャンピオンズCで好走した砂の女王アンジュデジールや、ハイレベルな4歳勢の参戦で、冬の中京は一気にヒートアップ!

1番人気は好調だが…

 2013年から年明けの中京開催に移動。以降の6年間で1番人気は〔4.0.2.0〕と全馬が馬券圏内に入る活躍。ただし、ここ2年は1番人気が勝利したものの、2着には2桁人気馬が入り、波乱の結末に。今年は5連勝中のインティが人気を集めそうだが、果たして…。

年齢別成績(過去6年)
4歳〔1.0.1.10〕
5歳〔3.3.3.10〕
6歳〔1.0.2.24〕
7歳〔1.2.0.18〕
8歳〔0.1.0.7〕

 中心は5歳。当レースに出走する5歳馬はインティアンジュデジールの2頭。その一方、4歳馬や高齢の8歳馬はやや苦戦傾向にある。

前走レース別成績(過去6年)
1600万〔0.0.1.5〕
OP特別〔2.2.2.40〕
GII・GIII〔0.2.0.10〕
GI〔2.1.3.10〕
地方〔2.1.0.7〕

 サンプルは少ないものの、前走・1600万組の好走例が少ないのはインティにとって気になるところ。前走・チャンピオンズC組は〔1.0.3.5〕、前年のチャンピオンズC出走馬という括りにすると〔2.0.3.7〕。どちらにせよ複勝率は4割超となり、アンジュデジールにとってはプラス材料。

インティを信頼すべき2つのポイント

 人気・年齢面はピッタリ、臨戦過程は強調しづらいインティだが、データ的に信頼できるポイントは2つある。まず、前走の勝ち時計が昨年の京都ダート1800mで最速であったこと。これは過去5年の良~稍重時でも2位タイ。上位5傑が全て重賞勝ち馬であることを考えると、裏付けは十分。

 もう1点は前走で2着につけた「0.8秒差」という着差。過去10年、ダート1600m~2000m戦の1600万条件において、2着馬に0.8秒差以上の着差をつけて勝ったのはインティを含めて10頭。それは以下の通り。

1600万条件で0.8秒差以上をつけて勝利した馬(過去10年のダート1600m~2000m)
ワンダーアキュート 牡3歳 オークランドRT(0.9秒差)→交流GI・3勝
フサイチセブン 牡4歳 雅S(1.0秒差)→交流GII勝ち
オースミイレブン 牡5歳 甲南S(1.3秒差)→その後1戦のみ
ベルシャザール 牡5歳 白川郷S(0.8秒差)→ジャパンカップダート(GI)1着
ワイルドフラッパー 牝4歳 観月橋S(0.8秒差)→交流重賞・3勝
モンドクラッセ 牡4歳 内房S(0.8秒差)→OP1着、重賞2~3着
タガノゴールド 牡6歳 上賀茂S(0.8秒差)→その後、中央では〔0.0.0.6〕
ハイランドピーク 牡4歳 上総S(0.8秒差)→GIII・1着
マジカルスペル 牡4歳 立夏S(1.1秒差)→その後1戦のみ、OP不出走
インティ 牡4歳 観月橋S(0.8秒差)→???

 6歳と高齢だった馬、その後1戦しかしていない馬を除けば、1600万で圧勝を収めた馬はすべて重賞でも好走。当然、インティにも同様の期待をかけたい。

相手候補はどの馬?

 軸をインティにすることは決まったが、問題は相手候補。馬券のポイントとなりそうなのは以下の通り。

東海S連対馬のポイント(過去6年)

  • 中央OP以上で連対実績(連対馬12頭中10頭)
  • 中央の左回りダートで連対実績(連対馬12頭中10頭)
  • 7歳以下(連対馬12頭中11頭)
  • 前走1桁着順(連対馬12頭中11頭)

 以上4つのポイントで残ったのはアンジュデジールグレンツェントコスモカナディアンスマハマチュウワウィザードマイネルバサラの6頭。中でもチャンピオンズC出走というアドバンテージがあるアンジュデジールを相手筆頭に据えたい。

結論

◎インティ
○アンジュデジール
△グレンツェント
△コスモカナディアン
△スマハマ
△チュウワウィザード
△マイネルバサラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル