大暴れのレーン騎手 ノームコア日本レコードVへの貢献度は…

佐藤直文 レース回顧
ヴィクトリアマイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若武者レーンの美技が冴えた! ノームコア

 前日の京王杯SCでコースレコードが出たように、好天に恵まれた高速馬場で行われたGI・ヴィクトリアマイル。決着タイムの1分30秒5は文句ナシの日本レコードであり、まさに底力の問われる戦いであったと言えよう。

 ノームコアは、前半600mが33秒7、1000m通過が56秒1という速い流れの中で絶好の位置取り。直線に向くと、前を行く強敵を目標に外から並びかけ、更に外から2着馬に来られたが、鞍上が冷静に右ステッキ→左ステッキへと持ち替える騎乗技術の高さが光った。馬自体の状態も良く東京のマイルも合っていたが、それを考えたとしても、レーン騎手の騎乗技術なしにこの勝利は有り得ないだろう。

ノームコア

力強い伸びを見せた5番人気のノームコア(黒帽)がV(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着プリモシーンは、勝ち馬の後ろで運び、こちらも絶好のポジション取り。これまで課題だった気性面の五月蠅さもなく、状態も良好。今回は勝った馬を褒めるしかない、と言うだけの競馬は出来た。

 3着クロコスミアは、マイル戦では1勝のみ(2歳時の赤松賞)だが、結果的にはスタミナの問われるレースになったことと、追い切りの動きから状態の良さも確かだった。地力の高さを生かせるレースが出来たのが好走の要因だろう。

 4着ラッキーライラックは、敵は前にありと見ての競馬で引くわけにも行かず、展開的には仕方のない結果。自分の競馬の形で、強いレースをしての4着。ただ、東京のマイルへの適性は微妙で、例えば中山の1800m~2000mのようなコースならば、やはりGI級と言えるだろう。

 5着アエロリットは、スタートで進んでいかず出して行っての逃げで、前半600mが33秒7では流石に厳しかった。この前半600mをあとコンマ5秒遅く入れれば残り目もあっただろう。この辺りは結果的に体調面がもう一息だったと言わざるを得ないか。

 レッドオルガは、不利があったとはいえ、決着時計が速すぎたか。底力の問われるレースでは厳しい印象。ソウルスターリングは復調の気配を感じさせるレースぶり。次へ期待の持てる内容だった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル