コロッと負けそうなダノンスマッシュ 代わりに買いたい超大穴馬

重賞データ攻略
函館スプリントS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏の函館開催の始まりを告げるスプリント重賞、函館スプリントS。あのロードカナロアですら敗戦を喫した波乱のレースだが、データが導き出した穴馬とは…

1番人気はアブナイ

 日程が7月から6月に繰り上がってからの7年間、1番人気は〔0.1.1.5〕と振るわず。小回りコースのスプリント戦、それも洋芝適性の問われる函館、となると紛れがあるのは当然だろう。

函館SS1番人気馬の成績(過去7年)
2012年 2着 ロードカナロア 前走・高松宮記念(GI)3着
2013年 7着 ドリームバレンチノ 前走・高松宮記念(GI)2着
2014年 11着 ストレイトガール 前走・ヴィクトリアマイル(GI)3着
2015年 14着 コパノリチャード 前走・高松宮記念(GI)5着
2016年 6着 オメガヴェンデッタ 前走・京王杯SC(GII)6着
2017年 4着 セイウンコウセイ 前走・高松宮記念(GI)1着
2018年 3着 ナックビーナス 前走・高松宮記念(GI)3着

 上記7頭のうち6頭は前走でGI・5着以内と好走していたが、ロードカナロアでさえ勝ち切ることは出来ていない。GI好走から臨むローテーション的な難しさに加えて、力を出し切れずに終わる可能性も高い小回りコースが災いしているのだろう。

 今回、人気を集めそうなのが、高松宮記念4着から臨むダノンスマッシュ。昨夏の函館で1600万を勝ち、続く札幌のキーンランドCでも2着と洋芝適性も十分だが、父ロードカナロアと同様にコロッと負けてもおかしくはない。

ダノンスマッシュ

人気が予想されるダノンスマッシュだが…(撮影:日刊ゲンダイ)


狙い目は前走大敗馬

 当レースのもうひとつの特徴は前走で大敗した馬の巻き返し。前走の着順別成績は以下の通りである。

前走着順別成績(過去7年)
1着〔2.1.1.10〕
2着〔0.0.1.6〕
3着〔0.2.1.3〕
4着〔0.1.0.4〕
5着〔0.0.0.5〕
6~9着〔1.0.0.16〕
10着以下〔4.3.4.37〕

 前走2桁着順からの巻き返しがとにかく目立つ。昨年も、高松宮記念3着から臨んだ1番人気馬を負かした上位2頭は前走2桁着順だった2頭。

 馬券に絡んだ11頭のうち、10頭までが前走1400m以上からの距離短縮組。また、9頭が前走から鞍上が乗り替わっていた。そこで狙ってみたいのが大穴のトウショウピスト。近走の成績は冴えないが、函館芝で〔3.1.1.0〕と抜群の相性を誇る。一変の可能性に賭けてみたい。

特注馬

トウショウピスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル