前半33秒3で強味生きたアルクトス 5着マテラスカイは「やはり脆さが…」

佐藤直文 レース回顧
プロキオンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4歳馬のワンツー決着 世代交代の予感も?

 不良馬場で行われた昨年は驚愕の日本レコードが飛び出したが、その昨年は前半600mが33秒5。一方、稍重で行われた今年はその前半600mが33秒3と前年よりも速く、時計的な価値は決して見劣るものではなかったと言えるだろう。

 アルクトスは、好位から巧みに内に潜り込み、理想的なレース運び。直線は逃げ馬の外へ進路を切り替え、強引に抜け出す形にはなってしまったが、そこに至るまでの手綱捌きは見事だった。力を付けているのは確かで、淀みない流れになってバテない強味も生きた。小回りの交流重賞ですぐに結果が出るかは微妙だが、東京コースで行われる武蔵野SやフェブラリーSでの活躍が見込める1頭。

アルクトス

強引に抜け出してきたアルクトス(緑帽)が重賞初V(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ミッキーワイルドは、勝ち馬と同様にレース展開がピタリ。ただ、その勝ち馬とは位置取りの差が出た部分もあったが、それでも半馬身差まで詰め寄っており、強い競馬だったと言えよう。以前は適条件の定まらない所もあったが、左回りの1400m~1600mに的を絞って力を付けてきた。これがロードカナロア産駒の成長力か。

 3着ヴェンジェンスは、2着から2馬身離されたが、内容的にはこれまた強い競馬。揉まれ弱いので、今回の4番枠からでは出して行かざるを得ず、ハイペースに巻き込まれた分もある。外枠であればまた違った競馬も出来たか。阪神コースに良績が集中していた馬が中京コースでこのメンバーを相手に3着、展開を考えても高く評価できる。

 4着サンライズノヴァは、コーナーリングに課題のある馬で、コーナーの緩い東京なら34秒台の上がりが使えるが、それよりもタイトな中京では35秒台が精一杯か。ただ、今回のような流れになれば、地力のある所は示せた。得意の東京に戻れば面白い。

 5着マテラスカイは、冒頭で述べたように厳しい流れでの逃げになってしまった。流石のダッシュ力ではあったが、後続のプレッシャーがキツかった。もっと雨が降って欲しかったという所だが、やはり脆さもあるタイプ。昨年のような馬場なら惰性で粘り込むシーンもあったかもしれないが…。

 サクセスエナジーは、3着馬と同じく内枠だけに出して行かざるを得ない形。他の先行馬に比べてテンのダッシュ力で見劣る面があり、最後の直線では不利もあって恵まれない部分があった。交流重賞ならすぐに巻き返せるだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル