2019年 日本ダービー 出走ボーダー(優先出走権・賞金順)

2019年5月26日(日)に行われる日本ダービーの特別登録馬を、優先出走権を持っている馬→賞金順に並べ、フルゲート18頭のボーダーラインがわかるよう表示しています。

第86回 東京優駿(日本ダービー) - GI
2019年5月26日(日)15時40分発走
東京競馬場 第11レース 芝2400m フルゲート18頭
1着賞金:2億円 2着:8000万円 3着:5000万円 4着:3000万円 5着:2000万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:5月23日(木)

特別登録馬を優先出走権のある馬→賞金順で表示。

出走順
馬名
優先出走権
収得賞金
出否予定・備考
サートゥルナーリア
皐月賞1着
ヴェロックス
皐月賞2着
ダノンキングリー
皐月賞3着
クラージュゲリエ
皐月賞5着
リオンリオン
青葉賞1着
ランフォザローゼス
青葉賞2着
 
ザダル
プリンシパルS1着
回避(脚元に疲れ)
7
ニシノデイジー
3600万
7
エメラルファイト
3600万
9
メイショウテンゲン
3100万
9
レッドジェニアル
3100万
 
ダノンチェイサー
2800万
回避(左寛跛行)
11
アドマイヤジャスタ
2300万
12
サトノルークス
2100万
13
ロジャーバローズ
2000万
14
ナイママ
1550万
15
シュヴァルツリーゼ
1500万
16
タガノディアマンテ
1150万
17
ヴィント
900万
17
ヒルノダカール
900万
17
ヒーリングマインド
900万
17
マイネルサーパス
900万
 
トーラスジェミニ
900万
回避(体調整わず)
21
カフジジュピター
400万
21
ディスモーメント
400万

日本ダービー 前哨戦プレイバック

波乱の決着となった皐月賞をはじめ、ダービートライアルである青葉賞、プリンシパルS、重要な前哨戦である京都新聞杯。そして、人気が予想される2頭の前走、毎日杯と弥生賞を振り返ります。

  • 1着 サートゥルナーリア
  • 2着 ヴェロックス
  • 3着 ダノンキングリー
  • 5着 クラージュゲリエ
  • 6着 タガノディアマンテ
  • 8着 アドマイヤジャスタ
  • 10着 ナイママ
  • 12着 シュヴァルツリーゼ
  • 14着 サトノルークス
  • 15着 メイショウテンゲン
  • 17着 ニシノデイジー

皐月賞・サートゥルナーリア

  • 1着 リオンリオン
  • 2着 ランフォザローゼス

青葉賞・リオンリオン

  • 1着 レッドジェニアル
  • 2着 ロジャーバローズ
  • 4着 ナイママ
  • 5着 タガノディアマンテ

京都新聞杯・レッドジェニアル

  • (1着 アドマイヤマーズ)
  • 4着 ダノンチェイサー

NHKマイルカップ・アドマイヤマーズ

日本ダービー データルーム

日本ダービーをデータの観点から紐解くコンテンツ。「一番勝っている騎手」「相性のいい枠順」などなど、日本ダービーに纏わる数字を徹底的にご紹介します。

  • 優勝回数上位騎手
  • 現役騎手の騎乗成績
  • 優勝回数上位調教師
  • 現役調教師の成績
  • 優勝回数上位種牡馬
  • 種牡馬別成績
  • 枠番別成績
  • 馬番別成績
  • 人気別成績
  • 前走レース別成績
  • 前走着順別成績

日本ダービー歴代優勝馬

1932年(昭和7年)に創設された東京優駿(日本ダービー)の歴代優勝馬をご紹介します。1981年以降は動画と詳しい結果付き。そして2005年以降はさらにレース当日の優馬一面と写真付きで、競馬の祭典・日本ダービーを振り返ります。

昨年の日本ダービー2018年5月27日 東京芝2400m

1 ワグネリアン 福永 5人気 2.23.6
2 エポカドーロ 戸崎圭 4人気 1/2
3 コズミックフォース 石橋脩 16人気 クビ

マイペースの逃げから直線粘り込みを図る皐月賞馬エポカドーロを、ラスト50mで捉えたのは先行策を取った5番人気のワグネリアン。鞍上福永は19度目の挑戦で悲願のダービー制覇を果たした。3着に人気薄のコズミックフォースが入り3連系の馬券は大荒れ。1番人気ダノンプレミアムは6着に敗れた。

日本ダービーの概要

第80回日本ダービー優勝馬・キズナ撮影:下野雄規

 日本ダービーとは、安田伊左衛門により馬産の奨励を目的として1932年(昭和7年)に創設された日本競馬を代表する競馬のレースで、正式名称は「東京優駿」。現在は5月下旬から6月上旬の日曜に開催されることが多く、競馬ファンのみならず、多くの人の注目を集めるレースである。

 皐月賞、菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成しているが、その中でも別格の扱いで、「競馬の祭典」と呼ばれる。日本ダービーを勝つことは日本のホースマンにとって最高の栄誉とされており、競馬に携わる者なら誰しも「勝ってみたい」と思うレースである。

 現在は、東京競馬場の芝コース2400メートルで施行される国際競走で、格付けはGI。サラ系の3歳牡馬・牝馬のみ最大18頭が出走でき、背負う斤量は牡馬が57kg、牝馬が55kgの定量となっている。創設時1万円だった1着賞金額は、現在2億円。これは、ジャパンカップ、有馬記念に次ぎ、日本で3番目に高い賞金額のレースということになる。

 過去の勝ち馬には、シンザンやシンボリルドルフといった三冠を達成した馬をはじめ名馬の名が刻まれており、多くのドラマや伝説が現在まで語り継がれている。皐月賞が「最も速い馬が勝つ」、菊花賞が「最も強い馬が勝つ」とされているのに対し、日本ダービーは「最も運のいい馬が勝つ」と言われている。