2017年有馬記念特集

2017年 有馬記念 出馬表

12月24日(日)に行われた有馬記念の出馬表をご紹介します。
第62回 有馬記念 - GI
2017年12月24日(日)15時25分発走
中山競馬場 第11レース 芝2500m 16頭立て
1着賞金:3億円 2着:1億2000万円 3着:7500万円 4着:4500万円 5着:3000万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オッズ更新日時:最終確定

緑字は有馬記念での通算成績(1986年以降)

出否=出走濃厚、=出走の可能性あり、=微妙

枠順

馬名

性齢

〔戦績〕

ファン投票

出否

騎手
騎手
〔有馬戦績〕

単勝オッズ

(人気)

ヤマカツエース

牡5

〔7.1.4.15〕

12位

騎手
池添
〔3.0.0.5〕

24.6

(6)

重賞:
5勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17金鯱賞(GII)
前走:
11/26ジャパンC8
次走:
12/24有馬記念

昨年の4着馬。4月の大阪杯でも3着に入ったが、秋は案外な成績。

主な勝ち鞍:
'17金鯱賞(GII)
重賞:
5勝(GI0勝)
騎手:
池添
〔3.0.0.5〕
キングカメハメハ
〔0.1.3.11〕
ヤマカツマリリン
(グラスワンダー)
(栗)
池添兼雄
〔0.0.0.2〕
馬主:
山田和夫
〔0.0.0.1〕
生産:
岡田牧場
〔0.0.0.2〕

キタサンブラック

牡5

〔11.2.4.2〕

1位

騎手
武豊
〔2.8.1.15〕

1.9

(1)

重賞:
9勝(GI6勝)
主な勝ち鞍:
'17天皇賞秋(GI)
前走:
11/26ジャパンC3
次走:
12/24有馬記念

今年は天皇賞の春秋連覇を達成。このレースを最後に引退する。

主な勝ち鞍:
'17天皇賞秋(GI)
重賞:
9勝(GI6勝)
騎手:
武豊
〔2.8.1.15〕
ブラックタイド
〔0.1.1.1〕
シュガーハート
(サクラバクシンオー)
(栗)
清水久詞
〔0.1.1.0〕
馬主:
大野商事
〔0.1.1.0〕
生産:
ヤナガワ牧場
〔0.1.1.2〕

クイーンズリング

牝5

〔6.2.0.10〕

39位

騎手
ルメール
〔2.2.0.6〕

33.1

(8)

重賞:
4勝(GI1勝)
主な勝ち鞍:
'16エ女王杯(GI)
前走:
11/12エ女王杯7
次走:
12/24有馬記念

昨年のエ女王杯をV。2400mはオークス(9着)で経験済も2500mは初。

主な勝ち鞍:
'16エ女王杯(GI)
重賞:
4勝(GI1勝)
騎手:
ルメール
〔2.2.0.6〕
マンハッタンカフェ
〔0.0.0.5〕
アクアリング
(Anabaa)
(栗)
吉村圭司
〔0.0.0.0〕
馬主:
吉田千津
〔0.0.0.0〕
生産:
社台ファーム
〔5.5.7.55〕

ブレスジャーニー

牡3

〔3.0.2.1〕

75位

騎手
三浦
〔0.0.0.3〕

71.7

(12)

重賞:
2勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'16東スポ2歳(GIII)
前走:
12/2チャレンジC3
次走:
12/24有馬記念

昨年の東スポ杯2歳Sではスワーヴリチャードを差し切った3歳馬。

主な勝ち鞍:
'16東スポ2歳(GIII)
重賞:
2勝(GI0勝)
騎手:
三浦
〔0.0.0.3〕
バトルプラン
〔0.0.0.0〕
エルフィンパーク
(タニノギムレット)
(栗)
佐々木晶三
〔0.2.0.6〕
馬主:
島川隆哉
〔0.0.0.6〕
生産:
競優牧場
〔0.0.0.0〕

トーセンビクトリー

牝5

〔6.2.3.10〕

81位

騎手
田辺
〔0.0.0.4〕

159.5

(15)

重賞:
1勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17中山牝馬S(GIII)
前走:
11/12エ女王杯10
次走:
12/24有馬記念

3月の中山牝馬SをV。母と兄2頭の有馬戦績を合計すると[0.1.3.2]。

主な勝ち鞍:
'17中山牝馬S(GIII)
重賞:
1勝(GI0勝)
騎手:
田辺
〔0.0.0.4〕
キングカメハメハ
〔0.1.3.11〕
トゥザヴィクトリー
(サンデーサイレンス)
(栗)
角居勝彦
〔1.1.1.13〕
馬主:
島川隆哉
〔0.0.0.6〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

サトノクロニクル

牡3

〔3.3.1.2〕

80位

騎手
戸崎圭
〔1.0.0.3〕

70.7

(11)

重賞:
1勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17チャレンジC(GIII)
前走:
12/2チャレンジC1
次走:
12/24有馬記念

12月2日のチャレンジCで重賞初制覇を果たし、勢いに乗る3歳馬。

主な勝ち鞍:
'17チャレンジC(GIII)
重賞:
1勝(GI0勝)
騎手:
戸崎圭
〔1.0.0.3〕
ハーツクライ
〔0.1.0.7〕
トゥーピー
(Intikhab)
(栗)
池江泰寿
〔4.2.1.17〕
馬主:
サトミHC
〔0.0.0.0〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

シャケトラ

牡4

〔4.1.1.4〕

15位

騎手
福永
〔0.0.1.8〕

29.6

(7)

重賞:
1勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17日経賞(GII)
前走:
11/26ジャパンC11
次走:
12/24有馬記念

今秋はイマイチだが、春に同コースの日経賞を圧勝した実績が光る。

主な勝ち鞍:
'17日経賞(GII)
重賞:
1勝(GI0勝)
騎手:
福永
〔0.0.1.8〕
マンハッタンカフェ
〔0.0.0.5〕
サマーハ
(Singspiel)
(栗)
角居勝彦
〔1.1.1.13〕
馬主:
金子真人HD
〔1.1.0.6〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

レインボーライン

牡4

〔3.3.4.9〕

13位

騎手
岩田康
〔0.1.1.6〕

44.7

(9)

重賞:
1勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'16アーリントンC(GIII)
前走:
11/26ジャパンC6
次走:
12/24有馬記念

重賞1勝馬だが、昨年の菊花賞2着、10月の秋天3着がある善戦マン。

主な勝ち鞍:
'16アーリントンC(GIII)
重賞:
1勝(GI0勝)
騎手:
岩田康
〔0.1.1.6〕
ステイゴールド
〔4.1.2.9〕
レーゲンボーゲン
(フレンチデピュティ)
(栗)
浅見秀一
〔0.1.0.2〕
馬主:
三田昌宏
〔0.0.0.0〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

サクラアンプルール

牡6

〔6.3.1.11〕

45位

騎手
蛯名
〔2.0.1.16〕

72.9

(13)

重賞:
1勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17札幌記念(GII)
前走:
10/29天皇賞秋8
次走:
12/24有馬記念

中山記念や札幌記念で実力馬に先着し波乱を演出。小回りが得意。

主な勝ち鞍:
'17札幌記念(GII)
重賞:
1勝(GI0勝)
騎手:
蛯名
〔2.0.1.16〕
キングカメハメハ
〔0.1.3.11〕
サクラメガ
(サンデーサイレンス)
(美)
金成貴史
〔0.0.0.0〕
馬主:
さくらコマース
〔1.0.2.4〕
生産:
谷岡スタット
〔0.0.0.0〕

10

シュヴァルグラン

牡5

〔7.5.5.5〕

5位

騎手
ボウマン
〔0.0.0.1〕

6.7

(3)

重賞:
3勝(GI1勝)
主な勝ち鞍:
'17ジャパンC(GI)
前走:
11/26ジャパンC1
次走:
12/24有馬記念

前走ジャパンCでGI初優勝。勢いに乗ってグランプリ制覇を目論む。

主な勝ち鞍:
'17ジャパンC(GI)
重賞:
3勝(GI1勝)
騎手:
ボウマン
〔0.0.0.1〕
ハーツクライ
〔0.1.0.7〕
ハルーワスウィート
(Machiavellian)
(栗)
友道康夫
〔0.0.0.5〕
馬主:
佐々木主浩
〔0.0.0.2〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

11

ルージュバック

牝5

〔6.2.0.9〕

20位

騎手
北村宏
〔0.0.0.4〕

55.4

(10)

重賞:
4勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17オールカマー(GII)
前走:
11/12エ女王杯9
次走:
12/24有馬記念

牡馬相手に重賞4勝もGIには未だ手が届かず。ラストチャンスか?

主な勝ち鞍:
'17オールカマー(GII)
重賞:
4勝(GI0勝)
騎手:
北村宏
〔0.0.0.4〕
マンハッタンカフェ
〔0.0.0.5〕
ジンジャーパンチ
(Awesome Again)
(美)
大竹正博
〔0.0.0.1〕
馬主:
キャロットファーム
〔0.1.2.7〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

12

サトノクラウン

牡5

〔7.1.1.7〕

3位

騎手
ムーア
〔0.0.1.1〕

9.8

(4)

重賞:
6勝(GI2勝)
主な勝ち鞍:
'17宝塚記念(GI)
前走:
11/26ジャパンC10
次走:
12/24有馬記念

上半期のグランプリ宝塚記念の覇者。ムーアは4年ぶりの有馬騎乗。

主な勝ち鞍:
'17宝塚記念(GI)
重賞:
6勝(GI2勝)
騎手:
ムーア
〔0.0.1.1〕
Marju
〔0.0.0.0〕
ジョコンダ2
(Rossini)
(美)
堀宣行
〔0.0.0.5〕
馬主:
サトミHC
〔0.0.0.0〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

13

ミッキークイーン

牝5

〔5.5.3.3〕

9位

騎手
浜中
〔0.0.0.4〕

19.6

(5)

重賞:
3勝(GI2勝)
主な勝ち鞍:
'15オークス(GI)
前走:
11/12エ女王杯3
次走:
12/24有馬記念

一昨年の2冠牝馬。5着した昨年と同じくエ女王杯(3着)からの参戦。

主な勝ち鞍:
'15オークス(GI)
重賞:
3勝(GI2勝)
騎手:
浜中
〔0.0.0.4〕
ディープインパクト
〔2.0.0.14〕
ミュージカルウェイ
(Gold Away)
(栗)
池江泰寿
〔4.2.1.17〕
馬主:
野田みづき
〔0.0.0.1〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

14

スワーヴリチャード

牡3

〔3.3.0.1〕

16位

騎手
M.デムーロ
〔1.1.1.6〕

4.5

(2)

重賞:
2勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'17AR共和国杯(GII)
前走:
11/5AR共和国杯1
次走:
12/24有馬記念

今年のダービー2着馬。前走AR共和国杯は2馬身半差で古馬を一蹴。

主な勝ち鞍:
'17AR共和国杯(GII)
重賞:
2勝(GI0勝)
騎手:
M.デムーロ
〔1.1.1.6〕
ハーツクライ
〔0.1.0.7〕
ピラミマ
(Unbridled's Song)
(栗)
庄野靖志
〔0.0.0.0〕
馬主:
NICKS
〔0.0.0.0〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

15

カレンミロティック

セ9

〔6.6.6.22〕

57位

騎手
川田
〔0.1.0.4〕

204.8

(16)

重賞:
1勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
'13金鯱賞(GII)
前走:
11/5AR共和国杯5
次走:
12/24有馬記念

GI2着2回の実績がある。有馬参戦は6着だった'13年以来4年ぶり。

主な勝ち鞍:
'13金鯱賞(GII)
重賞:
1勝(GI0勝)
騎手:
川田
〔0.1.0.4〕
ハーツクライ
〔0.1.0.7〕
スターミー
(A.P. Indy)
(栗)
平田修
〔0.0.0.1〕
馬主:
鈴木隆司
〔0.0.0.1〕
生産:
ノーザンファーム
〔3.8.5.51〕

16

サウンズオブアース

牡6

〔2.8.1.12〕

18位

騎手
C.デムーロ
〔0.0.0.1〕

132.9

(14)

重賞:
0勝(GI0勝)
主な勝ち鞍:
前走:
11/26ジャパンC12
次走:
12/24有馬記念

一昨年の2着馬。今秋は13着、12着と振るわず、衰えは隠せない。

主な勝ち鞍:
重賞:
0勝(GI0勝)
騎手:
C.デムーロ
〔0.0.0.1〕
ネオユニヴァース
〔1.1.0.4〕
ファーストバイオリン
(Dixieland Band)
(栗)
藤岡健一
〔0.1.0.1〕
馬主:
吉田照哉
〔0.1.0.5〕
生産:
社台ファーム
〔5.5.7.55〕

合わせて読みたい!

TMアンケート

TMアンケート『思い出の有馬記念を教えてください』

有馬記念 前哨戦プレイバック

シュヴァルグランが勝ったジャパンカップをはじめ、GIの天皇賞(秋)やエリザベス女王杯、スワーヴリチャードが勝ったアルゼンチン共和国杯や12月上旬の前哨戦チャレンジカップなど、有馬記念の有力馬が出走したレースを振り返ります。

  • 1着 シュヴァルグラン
  • 3着 キタサンブラック
  • 6着 レインボーライン
  • 8着 ヤマカツエース
  • 10着 サトノクラウン
  • 11着 シャケトラ
  • 12着 サウンズオブアース

ジャパンカップ・シュヴァルグラン

  • 1着 キタサンブラック
  • 2着 サトノクラウン
  • 3着 レインボーライン
  • 8着 サクラアンプルール
  • 11着 ヤマカツエース
  • 15着 シャケトラ

天皇賞秋・キタサンブラック

  • 3着 ミッキークイーン
  • 7着 クイーンズリング
  • 9着 ルージュバック
  • 10着 トーセンビクトリー

エリザベス女王杯

  • 1着 スワーヴリチャード
  • 5着 カレンミロティック

アルゼンチン共和国杯・スワーヴリチャード

  • 1着 サトノクロニクル
  • 3着 ブレスジャーニー

チャレンジカップ・サトノクロニクル

有馬記念 データルーム

有馬記念をデータの観点から紐解くコンテンツ。「一番勝っている騎手」「相性のいい枠順」などなど、有馬記念に纏わる数字を徹底的にご紹介します。

  • 優勝回数上位騎手
  • 現役騎手の騎乗成績
  • 優勝回数上位調教師
  • 現役調教師の成績
  • 優勝回数上位種牡馬
  • 種牡馬別成績
  • 枠番別成績
  • 馬番別成績
  • 人気別成績
  • 前走レース別成績
  • 前走着順別成績

有馬記念 過去のレース結果(歴代優勝馬)

1956年(昭和31年)に創設された有馬記念の過去のレース結果(歴代優勝馬)をご紹介します。優勝騎手名も合わせて掲載。1984年以降はJRAの公式レース動画付きで、年末の風物詩・有馬記念を振り返ります。

2016年 有馬記念第61回 中山芝2500m内

1 サトノダイヤモンド ルメール 1人気 2.32.6
2 キタサンブラック 武豊 2人気 クビ
3 ゴールドアクター 吉田隼 3人気 1/2

先団につけた人気馬3頭が直線でデッドヒートを展開。ゴールドアクターを競り落としたキタサンブラックが一旦抜け出したかに見えたが、坂を上ってから加速したサトノダイヤモンドが詰め寄る。最後はキタサンブラックをクビ差捉えたサトノダイヤモンドが、グランプリホースの栄光を手中に収めた。

優勝馬名 優勝騎手 レース動画
2015
第60回
ゴールドアクター 吉田隼人
2014
第59回
ジェンティルドンナ 戸崎圭太
2013
第58回
オルフェーヴル 池添謙一
2012
第57回
ゴールドシップ 内田博幸
2011
第56回
オルフェーヴル 池添謙一
2010
第55回
ヴィクトワールピサ Mデムーロ
2009
第54回
ドリームジャーニー 池添謙一
2008
第53回
ダイワスカーレット 安藤勝己
2007
第52回
マツリダゴッホ 蛯名正義

有馬記念の概要

第60回有馬記念撮影:日刊ゲンダイ

 有馬記念とは、毎年12月下旬に中山競馬場で開催される競馬の大レースである。

 第1回は1956年(昭和31年)に当時の日本中央競馬会理事長だった有馬頼寧の提案で「中山グランプリ」という名称で行われたが、翌年1月に有馬理事長が急逝したため、第2回から「有馬記念」と改称された。

 レースは、創設以来すべて中山競馬場の芝コースで施行され、距離は第1回から第4回 までが内回りの2600m、第5回から第10回が外回りの2600m、そして第11回からは現行と同じ内回りの2500mとなった。また、八大競走のひとつとして数えられ、1984年のグレード制導入と同時にGIに格付けされた。

 2016年現在の賞金額は、1着が2億5000万円、2着1億円、3着6300万円、4着3800万円、5着2500万円。国内のレースの中では、ジャパンカップに次いで高額な1着賞金が設定されている。

 年末の風物詩として社会的にも認知度が高く、馬券の売り上げは日本一を誇るレース。1996年には、世界の競馬史上最高額となる875億円を売り上げ、ギネス世界記録に認定された。

 同レースは創設当時から、野球のオールスターゲームに倣いファン投票で出走馬の多くが選出されており、現在も特別登録を行った馬のうちファン投票上位10頭に優先出走権が与えられている。

 オグリキャップのラストランやトウカイテイオーの奇跡の復活など、数々のドラマを生んだレースとしても有名で、勝ち馬にはシンザン、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルといった三冠馬たちの名前も刻まれている。

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル