本物だった「衝撃」 トライアル無視で臨む皐月賞でも最有力

佐藤直文 レース回顧
ホープフルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無傷で春を迎えるのはコントレイル

 前半1000mが60秒9という流れはけっして速くはなかったが、時計のかかる今の馬場としては遅くもなく、平均ペースと言えた。上がりもかかる状態の中で、35秒台でまとめたのは上位入線の3頭だけ。現状での力の差通りの決着だったかもしれない。

 コントレイルは、スタートしてからの二の脚が速く、楽にいいポジションを取る抜群のセンス。道中も前を見ながら気分良く追走し、直線を向いても余力十分の手応えだった。抜け出してからは少し遊ぶ面も見せたが、全く危な気のない完勝で、前走の「衝撃」がフロックでないことを示した。昨年の勝ち馬サートゥルナーリアと同様に、前哨戦を使わずぶっつけで皐月賞へ向かうとのことだが、最有力候補と言っていいだろう。

コントレイル

1番人気に推されたコントレイル(黒帽)が完勝でGIタイトルを獲得(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ヴェルトライゼンデは、勝ち馬をマークする形で運んで、これまたソツのない競馬ができた。ただ、勝ち馬に並びかけることができなかったのは、一瞬の脚ではなくジリジリと伸びるタイプの分であり、これは距離がもっと延びて良さそうだ。

 3着ワーケアは、スタート自体は悪くなかったがスタンド前でゴチャついてポジションが悪くなったのが痛かった。結果的に、上位2頭とは位置取りの差とも言えたが、ラストはしっかりと脚を伸ばしており、こちらも2400mまでは距離も大丈夫そうだ。

 4着ラインベックは、4コーナー手前で勝ち馬に交わされてからも渋太く脚を伸ばし、前走よりも着差は詰めたもの。上位3頭とは力の差を感じたが、この馬も距離が延びてのクチだろう。

 5着オーソリティは、勝負どころから外を回って追い上げた分もあったが、直線で坂を上がってから伸びを欠いた形。これまた現状では力の差もあったと言える。

 ブラックホールは、2着馬同様に勝ち馬をマークしながら運んだが、直線では全く手応えがなかった。ジックリと脚を溜める形の方がいいのかもしれないが、時計面での裏付けもなかったと言えよう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル