【ホープフルS回顧】「ウオッカ以来」の可能性はあるか “規格外”レガレイラ、まずは皐月へ

佐藤直文 レース回顧
ホープフルS

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

来年も快挙へ 期待も夢も膨らむレガレイラ

 クラシックを意識する馬たちが朝日杯FSとホープフルSへ使い分けがなされる牡馬とは違い、最初の関門が桜花賞となる牝馬は阪神JFが暮れの目標となるのは当然のことだ。しかしながら、ハナから桜花賞よりもオークスを意識するならば、牝馬同士の戦いにこだわることなく、ここから皐月賞、そしてオークスを目指すローテーションもまたあって然りだろう。まして、ここで牡馬を撫で切って見せたのなら、期待も十分に膨らむ。

 そのレガレイラ。前走同様に出遅れて後方からの競馬となったが、ルメール騎手にとっては“想定内”の出来事であり、全く慌てることなく脚を溜めての追走。3コーナー過ぎから馬群の中で進出を開始し、フラつく馬たちを捌いて直線で大外に持ち出してからは、桁違いの瞬発力で前を捉え切り、着差以上の能力の違いを示した。中山2000mでこれだけのパフォーマンスを見せたのなら、前述したようにこの先は桜花賞ではなく皐月賞へ駒を進める可能性が高い。そしてまた、そこでも結果を出すことができれば、オークスならぬダービーへ。ウオッカ以来の快挙もけっして夢物語ではないはずだ。

レガレイラ

1番人気に推された牝馬レガレイラが鮮烈な末脚で牡馬を一蹴

 2着シンエンペラーは、1000m通過60秒0のミドルペースを好位のインという絶好の位置取りでの追走。結果的には抜け出すのが早過ぎたかもしれないが、勝ち馬に交わされてからもギアを上げて食い下がったあたり、クラシックを意識できるだけの能力は示した形だ。

 3着サンライズジパングは、好位で流れに乗って直線でも見せ場十分の内容。最後に追いづらくなったとはいえ、芝でもやれることをしっかりとアピールした。思えば昨年の勝ち馬ドゥラエレーデもダートで勝ち上がった馬であり、適性が定まっていないこの時期に軽くは扱えない馬だったか。

 4着アドミラルシップは、後方から直線で内をついての掲示板確保。キャリア的にも今後の伸びしろに期待が持てそうだ。

 5着ミスタージーティーは、枠順も厳しかったが、直線で進路が見つからず脚を余した形。スムーズだったら3着まであったかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。