「失速も当然」大出遅れ→暴走のキセキ 勝ち馬は「しめしめ」

佐藤直文 レース回顧
阪神大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

資質が問われる流れを制す ユーキャンスマイル

 前半1000m通過こそ62秒6という長距離戦らしい入りだったが、そこからの1000mが60秒3、そしてラストの1000mが60秒1というのはかなりタイトな流れだった。大出遅れから、最初の1000mを過ぎてペースの上がったあたりで動き出して好位に取り付いたキセキにとっては、かなり厳しい競馬を強いられたと言って良く、失速も当然と言えただろう。

 ユーキャンスマイルは、ジックリと後方で待機して、勝負どころの2周目3角過ぎから内目をジワっと進出する形。展開的にも“しめしめ”という競馬だったが、追われての反応も抜群でステイヤーとしての資質の高さを改めて証明したと言える。馬体に少し余裕があったことを考えても、次の天皇賞では間違いなく昨年以上の結果が期待できるだろう。

ユーキャンスマイル

ロスない立ち回りでユーキャンスマイルが快勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着トーセンカンビーナは、例によって出遅れたとはいえ、いつもほどの大出遅れではなく、離されずに追走することができた。勝負どころでも勝ち馬の進出に合わせて動き、これまた展開が向いたとはいえ、最後も馬の間を割る勝負根性を見せたもので、この馬も長丁場の適性を十分に示したと言える。

 3着メイショウテンゲンは、勝ち馬と同じような位置取りだったが、4コーナーで内を回った相手に対して大外を回った分の差が出たか。それでも長距離でジックリと脚を溜める競馬自体は完全に板に付いた。

 4着ムイトオブリガードは、前の組には厳しい流れをよく踏ん張ったと言えるが、プラス18キロの太目残りを考えても次に繋がる競馬はできたように思う。

 キセキは、前述したように、大出遅れからの暴走が全て。ボスジラも今日の流れを好位で運ぶ形では厳しかったと言えるが、今日の経験は今後に生かせるはずだ。

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル