難しさ増す梅雨時期の予想 ダイワキャグニー陣営の不安は杞憂に

佐藤直文 レース回顧
エプソムカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

オープン大将が遂に掴んだ重賞タイトル ダイワキャグニー

 先週の東京は土日を通じての不良馬場。一見すると馬場の良さそうな外からの差しが利かず、それを素早く察知したレーン騎手が日曜はイン狙いに徹底していたほどだ。数週前の高速馬場とは真逆の馬場であっても、内有利、先行有利の馬場になるとは。この梅雨時期の予想には、そういった馬場の読みも重要なファクターとなるだけに、難しさが増す。

 ダイワキャグニーは、道中2番手でインをロスなく追走し、直線でも前の馬を交わすだけという競馬。これまで、オープン特別は5勝の実績を誇りながら重賞では苦汁を呑まされてきた馬だが、勝つ時はこんなものか、と言えるほどの楽勝であり、とにかくスムーズに運ぶことができれば、これだけやれるということを改めて示した形だ。今回、人気を落としていたのは、前走の大敗と陣営からも漏れていた道悪への不安のためだろうが、前走は直線の長い新潟を意識してか少し消極的な立ち回りだったものであり、道悪も昨秋のジャパンCでの健闘から何ら問題のない馬。左回りに限定されるとはいえ、今後の重賞戦線でもマークは必要だろう。

ダイワキャグニー

ダイワキャグニー(赤帽)が雨の府中で待望の重賞初制覇

 2着ソーグリッタリングも、最内枠を利してロスのない立ち回り。ラストに甘くなって勝ち切れない競馬を続けていたが、今日のところは十分に脚を溜めて最後の最後に脚を使わせた鞍上の好騎乗もあったか。

 3着トーラスジェミニは、大外枠から一気にハナを奪う積極策が、結果的に功を奏した形。別定重賞での好走も地力強化の証明と言えるが、今日のところは馬場にも恵まれた感があり、次が試金石となるだろう。

 4着アンドラステは、出負け気味のスタートながらスッと中団で流れに乗る自在性を見せ、直線でも外を回って差してきたのはこの馬だけ。今後が楽しみになる走りだった。

 5着アトミックフォースは、先行有利の馬場も生かして、最後は横一線の2着争いに加わる見せ場十分の内容。新潟大賞典の2着がフロックではないことを証明した形だが、力を付けた今なら、小回りコースの方がより持ち味を発揮できるかもしれない。

 サトノアーサーは、前述したようにここでもレーン騎手が内にこだわったレースぶりだったが、前が開いてからも本来の伸びがなかったのは道悪の影響か。距離も2000mくらいあった方がいい馬かもしれない。ピースワンパラディは、最後に内から前に迫る脚を見せ、道悪は合っていたと思えるが、まだ力不足だったか。レイエンダは、母が4歳以降、兄レイデオロも5歳以降は勝ち鞍がなかったことを思えば、早熟とまではいかないまでも年齢的なピークを過ぎた可能性はある。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル