ウムブルフが3戦目で強烈パフォーマンス ムーア&堀厩舎のディープ産駒に★7つ

【優馬2歳馬チェック】
モーリスでマイルCSを制したムーア&堀厩舎。土曜日の中山ではこのコンビ、なんと3戦3勝。そのうちの1つがこのウムブルフだ。今後が楽しみな素質馬に★7つの高評価。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムーア&堀厩舎の鉄板コンビ炸裂! ウムブルフ

12/5(土) 中山3R 2歳未勝利 芝2000m
ウムブルフ 牡 馬体重:474kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:R.ムーア 厩舎:(美) 堀
生産: 社台コーポレーション白老ファーム
父:ディープインパクト
母:ウミラージ(Monsun)

2戦続けて2着と惜しい競馬が続いていたが、3戦目にして待望の初勝利。最初の2戦はやや行きたがる素振りもあったが、今回は大外から好位につける競馬でも折り合いに問題はなかった。終始、外目を回る競馬だったが直線の伸びは一頭だけ違っていた。余力を感じさせる走りでラスト2Fを11秒2~11秒5でまとめてみせた。好位から速い上がりを使えるというのは、上のクラス、それも2000m~2400m辺りの距離ではかなりのセールスポイントになる。

ウムブルフ

デビューから2戦続けて2着だったウムブルフが3度目の正直で勝ち上がり(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

初戦時は馬っ気、2戦目はプラス16キロと、紆余曲折あったが、3戦目の今回は体重増に中身が伴ってきた印象。毛ヅヤの良さがとにかく目立ち見栄えも良い。ちょっと気合いが入り過ぎるくらいに映るが、小気味良いステップで周回。この辺りが前々で競馬ができる所以だろう。母方はドイツ血統だが、重苦しさはなく軽い造り。繋ぎの長さや角度等々を踏まえても2000m~2400m、3000m級でもやれそうな雰囲気がある。

血統診断

母ウミラージはドイツのGIIIで3着という実績。本馬の兄ヴォルケンクラッツ(父マンハッタンカフェ)はデビューこそ遅かったが、ダート1800mで3勝とまずまずの成績。母の父Monsunはドイツで走り、オイロパ賞連覇などの活躍を見せ、ドイツの年度代表馬にも輝いた馬。ちなみに、引退レースとなったアラルポカル(6着)の勝ち馬がディープインパクトの母ウインドインハーヘアである。Monsunは種牡馬としても成功し、日本で種牡馬入りしたノヴェリスト(キングジョージ)や、マンデュロ(プリンスオブウェールズS)、シロッコ(BCターフ)などを輩出。本馬のこういった血統背景から、2400m前後での活躍に期待したい。

馬券の狙い目→2400m級のレースでこそ狙いたい。息の長い活躍も期待できるタイプ。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル