サトノルパンとビッグアーサー データ班推奨はどっち?

重賞データ攻略
シルクロードS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 春の大一番、高松宮記念へ向けて、是が非でも賞金を加算しておきたい素質馬達が集結。中京の1200mへ続く絹の道を先頭で駆け抜けるのは一体どの馬か。

シルクロードS1着馬のポイント(過去5年)

  • 近3走中2走以上で3着以内→その近3走でOP・重賞勝ちが必須
  • 近3戦が全て芝1200m(5頭中4頭)
  • 全勝ち馬に重賞3着以内の実績あり
  • 右回りで5勝以上(5頭中4頭)
  • ハンデは牡馬なら57キロ以上、牝馬なら55キロ以上

 上記のポイントから、「近3戦が全て芝1200m」以外の条件をクリアしたのがビッグアーサー。次点はそれに加えて、右回りの勝利数でビッグアーサーに僅かに劣ったサトノルパン(ビッグアーサーは5勝、サトノルパンは4勝)。

 アースソニックも条件を概ねクリアしたが、近3走でOP・重賞勝ちがなかったので評価は▲に。

サトノルパンとビッグアーサー

データも京阪杯の上位2頭を有力候補にあげた(撮影:日刊ゲンダイ)

シルクロードSの性格

シルクロードSのラップタイム(過去5年)
2011年 12.5-11.0-11.3-11.1-10.9-11.4
2012年 12.0-11.0-11.1-11.0-11.3-11.9
2013年 12.4-11.4-11.2-11.1-10.9-11.6
2014年 12.2-11.0-10.9-10.8-11.0-11.5
2015年 11.9-10.9-11.1-11.2-11.1-11.7

 注目して欲しいのが最初と最後を除いた2F目~5F目のラップタイム。どの年も中間のラップに起伏の少ないレースとなっている。特に2014年は10.8~11.0の間で収まっている。

 というわけで、単純に京都の芝1200mとの相性を考えるよりも、道中のラップの起伏が少ないレースに着目してみたい。

淀短距離S 12.4-11.0-11.1-11.1-10.9-11.3
京阪杯 12.5-10.7-10.8-10.9-11.2-11.3
道頓堀S 12.7-11.3-11.2-11.3-11.3-11.4

 まず最初に目に付くのが淀短距離S。シルクロードSとの相性の良さはレースの性質が似ているからに他ならない。前段で名前の挙がらなかったローレルベローチェセカンドテーブルは勿論押さえたい。

 京阪杯の1~3着はサトノルパン、ビッグアーサー、アースソニックだし、道頓堀Sの勝ち馬も同じくサトノルパン。他に押さえるとすれば、昨年のシルクロードSで3着に好走したセイコーライコウくらいか。

結論

ビッグアーサー
サトノルパン
アースソニック
ローレルベローチェ
セカンドテーブル
セイコーライコウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル