マカヒキの評価UPで、ダービー想定オッズは3強の様相!

優馬2歳馬&3歳馬チェック
弥生賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抜群の決め手で怪物退治 マカヒキ

3/6(日) 中山11R 弥生賞(GII) 芝2000m
マカヒキ 牡 馬体重:496kg(±0)
騎手:C.ルメール 厩舎:(栗) 友道
生産: ノーザンファーム
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ(フレンチデピュティ)
初勝利時の評価:★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕

3連複の配当が190円での決着という三つ巴の戦い。やや中緩みのラップとはいえレースレコードは立派で、今回も上がり3F最速の末脚を使いリオンディーズを差し切ったのがマカヒキ。長距離輸送と中山の急坂をクリアしたのは、本番に向けてかなりの収穫だろう。ただし、本番では18頭の多頭数での競馬が想定される。この馬はもっと外を回らされるだろうし、そういった厳しい競馬になった時にどうだろうか。

それに対して敗れたリオンディーズだが、直線入り口では早々と先頭に立つ横綱相撲。マカヒキの決め手に屈した格好だが、負けて強しと言え、評価を下げすぎる必要はない。やはり力でゴリ押しする競馬が合う。ただ、道中で行きたがる面はどうしても気に掛かる。そしてエアスピネルは新馬戦時にも言及したが、やはり上位クラスと戦うとワンパンチ足りない。

日本ダービー 想定単勝オッズ

(↑)1番人気 サトノダイヤモンド 2.8倍
(↓)2番人気 リオンディーズ 3.2倍
(→)3番人気 マカヒキ 5.8倍
(→)4番人気 ハートレー 12.0倍
(→)5番人気 スマートオーディン 13.5倍

【次走予定も掲載】日本ダービー想定18頭&単勝オッズ

マカヒキ

2歳王者を破ったマカヒキが無傷の3連勝でクラシック本番へ(撮影:日刊ゲンダイ)

長所

臨戦過程の差もあったかもしれないが、朝日杯FSであれだけのパフォーマンスを見せたリオンディーズを相手に勝ち切ったのだから、実力は素直に認めるべき。弥生賞のラスト2Fが11秒3-11秒3だから、マカヒキ自身のラスト1Fは11秒0か10秒台。トップスピードに加え、パワーもかなりのレベルにある。

短所

ここ2戦で顕著になってきたように映るのがスタートの遅さ、エンジンのかかりの遅さ。序盤でポジションを取りに行けない分、展開に左右される面が出てきてもおかしくはない。仕掛け所や進路取りが重要になってくるのだが、本番では乗り替わりを余儀なくされる点が不安材料。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル