フィリーズレビューは、阪神JF組全消しで万券狙い

重賞データ攻略
フィリーズレビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桜花賞と同じ阪神とはいえ、内回りの1400mで行われるだけに本番とは違う適性が問われるレース。桜花賞への切符を掴むのはどの馬か?

阪神JF組のレベルに疑問?

 先週のチューリップ賞では阪神JFの2、3着馬が揃って2桁着順に沈むなど、この世代は阪神JFのレベルに疑問符がつく現状。

阪神JF組の次走成績
2015年組〔1.0.0.12〕→現3歳世代
2014年組〔1.0.3.13〕
2013年組〔2.4.1.11〕
2012年組〔1.2.3.11〕
2011年組〔3.3.2.10〕

 今年の世代では阪神JFの勝ち馬メジャーエンブレムが次走のクイーンCで勝利して唯一、馬券に絡んでいる。しかし、それ以外がパッとしない。フィリーズレビューには前走・阪神JF組が4頭スタンバイしているが、強気にはなれそうもない。

1400mという距離が鍵

 過去5年の傾向から、ポイントとなりそうなのは以下の2点。

  • 1400m以下で3着以内がある(1~3着馬15頭中13頭)
    →そのうち1400mで1着があったのは11頭
  • 前走から距離短縮(1~3着馬15頭中11頭)

 1400mという条件ゆえに、短距離戦で通用するスピードがあるかどうかがポイントとなる。距離短縮組が活躍しているのも、そういった面があるからなのだろう。

 また、このレースを過去10年まで振り返っても、すべての年で後半3Fより前半3Fの方が速い、いわゆる「前傾ラップ」であった。1400m以下で実績があり、阪神JF組以外でそういった前傾ラップのレースでの好走歴があるのは、エイシンピカソ、カトルラポール、サルドナ、ソルヴェイグ、ナタリーバローズ、ボーダレス、ワンダフルラッシュの7頭。

 上記の中で中心に据えるなら、1400mで勝利経験のあるカトルラポール、ソルヴェイグ、ナタリーバローズの3頭だろう。

カトルラポール

春菜賞を11番人気で制したカトルラポールが再度穴を開けるか(撮影:日刊ゲンダイ)

結論


カトルラポール
ソルヴェイグ
ナタリーバローズ


エイシンピカソ
サルドナ
ボーダレス
ワンダフルラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル