台風の目はキズナを負かしたあの2頭 春の天皇賞は今年も荒れる?

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】
有力馬がこぞって外枠へ入り、最内枠のゴールドシップの出方も気になるが…。今年の天皇賞(春)は波乱の予感アリ。ダービートライアル、青葉賞も掲載中!

重賞データ攻略
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇賞(春)

 3連覇を目論んだフェノーメノが離脱し、GI馬は3度目の正直を狙うゴールドシップと復活を期すキズナの2頭だけ。メンバー的には虎視眈々と戴冠を狙う馬が顔を揃えた印象。まずは過去10年間の前走別成績を並べてみる。

前走レース 天皇賞
成績
天皇賞
連対率
日経賞 〔3.5.3.37〕 16.7%
阪神大賞典 〔3.0.3.45〕 5.9%
大阪杯 〔2.3.2.15〕 22.7%
大阪ハンブルクC 〔1.1.1.21〕 8.3%
京都記念 〔1.1.0.4〕 33.3%
ドバイWC 〔0.0.1.1〕 0.0%

 1~3着馬の8割は日経賞・阪神大賞典・大阪杯から出ているが、率でみると阪神大賞典組はやや心もとない。その原因はレースの性質にあると考え、過去5年分の天皇賞の平均ラップと、同期間のそれぞれのステップレースの平均ラップを書き出してみた。

前半6F 後半6F 上がり3F
天皇賞(春) 61.2 59.8 35.2
阪神大賞典 62.4 61.2 36.5
日経賞 61.6 60.8 36.0
大阪杯 61.3 59.0 35.2

 春の天皇賞は3200mという距離の割に、阪神大賞典よりも日経賞や大阪杯に近いレースの質である。そして今年の各ステップレースがどうだったかと言うと、

前半6F 後半6F 上がり3F
阪神大賞典 60.4 60.5 35.9
日経賞 59.9 58.6 35.1
大阪杯 61.1 61.8 37.1

 不良馬場だった大阪杯の時計がかかったのは当然だし、日経賞は時計が出やすかった中山で行われたにしろ、優秀なラップだといえる。阪神大賞典は例年よりもテンと終いの引き締まったレースになった。そこで今回は阪神大賞典にスポットを当ててみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル