手応えで勝負あり 絞れたスマートオーディンが巻き返しに成功

佐藤直文 レース回顧
毎日杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再浮上で次はどこだ? スマートオーディン

 以前は“東上最終便”の異名もあったように、ここで賞金を加算して皐月賞へ挑む馬が多かったレースだが、中2週の厳しいローテーションになることもあって、近年はその先のNHKマイルCやダービーに繋がる一戦となっている。そんな中で、今年は少頭数に加えで純然たる逃げ馬のいない組み合わせ。戦前の予想通りのスローペースとなって、レースの上がりが33秒3という完全な瞬発力勝負の競馬となった。

 スマートオーディンは、このスローの流れでも後方で落ち着いて運び、勝負どころでは大外を回って直線を向いたあたりの手応えで、すでに勝負あったという感じ。前走の共同通信杯のレース回顧では“ちょっとわからない敗戦”と書いたが、前走から10キロ馬体が絞れてのこの走りを見ると、やはり太目残りが敗因だったと見ていいだろう。気になるのは、次はどこを使うのか、という点だが、NHKマイルC直行なら、当然重い印が付く馬だと思う。

スマートオーディン

東スポ杯と同様に大外から他馬を差し切ったスマートオーディン(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アーバンキッドは、道中で力みの見られた前走とは違い、今回はスローでもスムーズに運べていた。ただ、勝ち馬には着差以上の完敗であり、今日のところは相手が悪かったと言うしかない。

 3着タイセイサミットは、こういう瞬発力勝負では分の悪い馬。ダイワメジャー参駒らしく、理想は少し時計のかかる馬場だろう。

 4着レインボーフラッグは、勝ち馬よりも後ろのポジションで運んで、上がり3ハロンも勝ち馬に次ぐ数字。着順以上にこういった競馬ができたことが大きな収穫で、展開を味方に付ける競馬になれば重賞でもチャンスがあるかもしれない。

 5着ロワアブソリューは、折り合いに難しい面を今日も見せていて、道中は勝ち馬と同じ位置取りであったが、勝ち馬ほどのキレ味もなかった。気性面での成長が当面の課題であろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • 単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 優馬本紙の馬柱
  • 動画・写真
  • 短評

優馬@ソーシャル