大変身スマートレイアーが重賞連勝 ミッキークイーンも負けて強し

佐藤直文 レース回顧
阪神牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追い込みVの一昨年から大変身 スマートレイアー

 昨年までの内回り1400mから、外回り1600m戦に衣替えをした一戦。ヴィクトリアマイルの前哨戦という意味合いが一層強くなったと思われるが、今回の上位馬もほとんどがそこへ向かうはずだ。

 スマートレイアーは、ハナを主張したのではなく、テンのペースが上がらなかったので自然にハナに立つ形。無理に抑えることなく自分の競馬に徹した形だが、最後に2着馬にクビ差まで追い詰められて辛勝となったのは、逆にペースを落とし過ぎたのかもしれない。一昨年は追い込んで勝った馬の逃げ切りVとなったわけだが、コースも替わった以上に馬も変わっている。流れの厳しくなる本番で、どういう競馬をするかが見モノだろう。

スマートレイアー

自然とハナに立ったスマートレイアーがそのまま逃げ切って重賞連勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ミッキークイーンは、休み明けのみならず久々のマイル戦、勝ち馬より斤量が2キロ重かったことを考えても負けて強しだ。直線で馬群を捌くのに少し苦労したのは久々の分であり、最後のあの脚は東京なら、と思わせるもの。今日のメンバーに対しては、本番では2~3馬身は先着できるのではないか。

 3着ウインプリメーラは、上位2頭が強かっただけで、自分の力は出し切っている。マイルの距離なら、今後も相手次第となりそうだ。

 4着カフェブリリアントは、自分の競馬に徹して昨年の勝ち馬に恥じない走りを見せたと言えるが、やはりマイルよりも1400mの方がいい馬だろう。

 5着ココロノアイは、仕上りも良かったが、いい脚を使って上々の内容。同舞台のチューリップ賞勝ちが伊達ではないことを示した形だ。

 ストレイトガールは、持って行かれ気味で、スプリント色が濃くなっている印象。昨年のヴィクトリアマイルは全ての面で巧く行っての勝利だったが、基本的にマイルは長いと言わざるをえない。今年は厳しいだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル