ミルコの信念でジュエラーが戴冠 メジャーエンブレムの敗因は“枠”

佐藤直文 レース回顧
桜花賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僅か2cm差 勝利の女神はジュエラーに微笑む

 “3強”と言うより、人気的にも“1強プラス2頭”という様相だった桜花賞。単勝1.5倍という断然の支持を集めたメジャーエンブレムが、どういう勝ち方をするか。と、私自身も、勝利を信じて疑わなかった大本命馬の敗因について、まずは分析してみたい。

 出遅れとまでは言えないものの、少し安目のスタートから先手を取りに動いたが、外からカトルラポールメイショウバーズにバンバン来られて控えざるを得ない形になったのは仕方ないだろう。ただ、折り合って運べてはいたものの、以降は動くに動けないポジションとなったのが痛かった。直線でも前が壁となり、ようやく馬群を割ったところで、2着馬がすでに抜け出している形。こういった競馬の経験がない馬だけに、とても力を出し切ったものとは思えない。外枠から自分の競馬ができていれば結果も違ったと思われるが、有利と思われた内枠がアダとなったあたりが競馬の難しさなのだろう。

桜花賞・メジャーエンブレム

断然人気に応えられなかったメジャーエンブレム(赤帽、撮影:日刊ゲンダイ)

 勝ったジュエラーは、チューリップ賞とは逆にシンハライトを前で見る形の競馬だったが、シンハライトがメジャーエンブレムを意識して早目に動いても、慌てずに直線までジッと我慢したあたりがデムーロ騎手の凄さだろう。瞬発力勝負になれば、最後まで追い出しを遅らせても届くとの信念を持った騎乗に思えた。馬体の“ごっつさ”はマイラー体型っぽいが、デビューからのゆったりとしたローテーションは、おそらく当初からオークスを意識したものと思えるだけに、二冠への期待も大きいはずだ。

 2着シンハライトは、結果論としては仕掛けが少し早かったのかもしれないが、2cmのハナ差負けなら仕方はなく、チューリップ賞と同様に勝ち馬と互角の力を示したと言える。こちらはジュエラーよりも小柄な馬体だが、その分バネがあり、これまたオークスでも楽しめそう。三たびのハナ差決着も十分あるのではないか。

ジュエラー

チューリップ賞に続いてハナ差の決着となったが、今回の軍配はジュエラーに(手前、撮影:日刊ゲンダイ)

 3着アットザシーサイドは、前走からマイナス10キロと、しっかりと体を造ってきた。上位2頭にはキレ負けしたものの、見せ場十分の内容。この馬体を維持できれば、オークスでもやれていいだろう。

 5着アドマイヤリードは、道中最後方から、直線では勝ち馬に次ぐ上がりで差を詰めたもの。オークス出走権こそ得られなかったが、これは明らかに距離が延びていいタイプだ。

 “3強”に次ぐ人気となっていた、ラベンダーヴァレイレッドアヴァンセといったあたりは、現状での力の差。デンコウアンジュは、直線でイン強襲を狙ったものの、前が密集していて何もできなかった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル