一昨年2着、昨年3着フィエロの取捨は? マイラーズCデータ予想

重賞データ攻略
マイラーズカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安田記念を睨む強豪達が集うGII戦。4歳馬の参戦も多く、古豪VS新鋭という構図で今後のマイル戦線を占う重要な一戦。

経験豊富な年長馬に分がある?

 2012年から舞台を京都に移し、開催の進んだ阪神から開幕週の京都へ、という大きな変更があった。以降4年間のデータを見ていくと、

年齢別成績
4歳〔0.2.0.18〕
5歳〔3.1.3.14〕
6歳以上〔1.1.1.26〕

人気別成績
1番人気〔0.1.1.2〕
2番人気〔0.0.1.3〕
3番人気〔2.0.1.1〕

前走距離
1600m〔2.3.4.35〕
距離短縮〔2.0.0.14〕
距離延長〔0.1.0.9〕

 4歳馬がやや低調。まだこの時期でGIIともなれば実績豊富な年長馬を重視すべきか。フィエロダノンシャークなど、GIでも実績のある馬がいたり、まだ年長勢の層は薄くない。ただし、上位人気馬や距離延長組がやや不振なので注意が必要でもある。

取捨の決め手は何処に…

 近4年の結果から、馬券のポイントとして挙げるとすれば、

  • 1着馬4頭中3頭は前年のマイルCS出走馬
    →例外のワールドエースはマイル初出走
  • 1着馬4頭中3頭は1600m以上の重賞勝ち
    →例外のレッドアリオンはマイルでGII2着、GI4着の実績あり
  • 1~3着馬全馬に京都コースでの勝利実績
  • 1~3着馬12頭中10頭は前走5着以内
  • 前走で敗れていた9頭中8頭は着差が0.5秒差以内
  • ディープインパクト産駒は〔1.2.3.6〕

 軸はやはりフィエロ。重賞勝ちの実績こそないが、京都コースとの相性やGIでも上位争いをするだけの力は素直に評価すべき。

フィエロ

3年連続馬券圏内は堅そうなフィエロ(撮影:日刊ゲンダイ)

 相手の筆頭には前走のダービー卿CTで0.4秒差5着のサンライズメジャー。京都では4勝2着3回、昨年の当レースでは2着と、フィエロ(3着)に先着している。

 その次はテイエムイナズマを推したい。六甲S組は近4年で〔0.2.0.5〕。ダノンリバティの2着だったが、走破時計は近4年の六甲Sでは最速。ダノンリバティとの比較では京都で勝利実績がある点でリード。

 以下、前走の着順は今一つだが着差は0.5秒差以内だったエキストラエンドレッドアリオン。4歳勢からは前走大敗も京都実績があるディープインパクト産駒のアルバートドックが距離短縮で妙味アリ。

結論

◎フィエロ
○サンライズメジャー
▲テイエムイナズマ
△エキストラエンド
△レッドアリオン
△アルバートドック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル