クルーガーは安田記念でも可能性アリ 4着フィエロは“中途半端”

佐藤直文 レース回顧
マイラーズカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内からスコンと鮮やかに クルーガーが初のマイルで重賞V

 マイラーズCは、テンの3ハロンが34秒1、1000m通過が57秒9というラップだったが、開幕週の絶好の馬場を考えれば、それほど速いペースではなく、内々でロスなく立ち回った馬が上位3着までを占めたのも頷ける。京都の芝コースにおける内有利、前有利の傾向は、少なくともあと1、2週は続くだろう。

 クルーガーは、出負けして流れには乗り損ねたが、外々を回った前走とは対照的に、枠なりにインをロスなく回れたことが最大の勝因だろう。持ち前の器用さを生かした松山騎手の好騎乗と言えるが、初のマイル戦で結果を出したのは、それだけ距離適性があったということだ。出走権を得て挑む安田記念では、初となる東京コースの克服や発馬の課題など、クリアすべき点があるが、今日のように持ち味をフルに発揮できるなら、可能性もありそうだ。

クルーガー

松山騎手の好騎乗でクルーガーが初重賞制覇(黒帽、撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ダノンシャークは、近走で結果が出ていなかったが、これは年齢的な衰えではなく不完全燃焼の競馬だったもの。一昨年にマイルCSを勝った舞台で、これまたロスなくスムーズに運ぶことができたのなら、このくらい走って当然だ。

 3着クラレントは、絶好位を運んで直線では内から一旦は抜け出す形。上位2頭にはキレ負けしたものの、見せ場は十分にあった。いつ走るのか読みづらい馬で、重賞6勝の実績ほど人気にならないタイプだが、昨年は人気薄で3着と好走している安田記念でも軽くは扱えないだろう。

 4着フィエロは、4角で大外を回る形では厳しかったと言えるが、レース序盤で流れに乗せに行きながらも控えたあたり、少し中途半端な乗られ方だったように思える。控えるなら徹底的にテンから脚を溜める形で運べば、もうワンランク上の瞬発力を使えたはずだ。

 5着アルバートドックは、4角ではフィエロと同じ位置取りだったが、エンジンがかかったところで前が狭くなったのが痛かった。そこから立て直してよく伸びており、力は示したと言えるのだが…。

 サンライズメジャーは、今日の流れを考えればもう少し粘れていいはずだが、2着に粘った昨年がもっと遅い流れだったことも確かだ。ダノンリバティは、フィエロの前のポジションで大外を回ったものだが、残り1ハロンからは全く伸びず、敗因は展開だけではなさそうだ。ネオスターダムは、中団で揉まれたことで、直線では走る気を失くしていた様子。こちらは情状酌量の余地がありそう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル