京都新聞杯は実績重視 キズナローテで参戦のスマートオーディンは…

重賞データ攻略
京都新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3年前はキズナがここからダービー馬に輝き、昨年はサトノラーゼンがダービーで2着。大舞台への東上最終便は今年も大混雑!?

実績なしに好走は不可能?

 優先出走権が与えられるレースではないものの、近年はここからダービーでも好走する馬が数多く現れて、重要なステップとして位置づけられている京都新聞杯。重視すべきは実績で、基本的には「2勝以上」を挙げていることが最低ライン。例外は過去5年で2着馬に1頭、3着馬に2頭で、特に連対馬の条件としては必須とも言える。

 また、距離実績も重要で、「500万・OPの2000m以上で1着」があることがポイント。同じく過去5年では、例外が1着馬に1頭、2着馬に2頭。この3頭の共通点としては「1800m重賞で2着」の実績があった。距離実績がないのならば、せめてこれ位の実績は欲しい。

 今年のメンバーには未勝利勝ち直後といった馬も多く、2勝馬自体が少ないのだが、実績からピックアップできるのは以下の3頭。

ゼンノタヂカラオ
はなみずき賞(500万・芝2000m)1着

ロイカバード
福寿草特別(500万・芝2000m)1着

スマートオーディン
東スポ杯2歳S(GIII・芝1800m)1着
毎日杯(GIII・芝1800m)1着

スマートオーディン

重賞2勝の実績を持つスマートオーディンも軸馬の一頭(撮影:日刊ゲンダイ)

未勝利勝ち直後で買えるのは…

 今年は未勝利勝ち直後の馬が5頭。一足飛びでダービーへ、と意気込むのはいいが、過去10年まで振り返っても、未勝利勝ち直後の馬は3着に2頭いるだけ。買いづらいのは確かだが、その「買い」ポイントを探ってみたい。

2007年3着 サンライズベガ 1戦1勝 芝2000mの未勝利戦を2番人気1着
2008年3着 マイネルローゼン 7戦1勝 芝2200mの未勝利戦を2番人気1着(芝に限ればすべて5着以内)

 ポイントとなりそうなのは、「2000m以上の距離」、「上位人気で未勝利勝ち」、「芝ではすべて掲示板を確保」といったところか。エルプシャフトは初出走となった前走の未勝利戦(芝2000m)を1番人気に応えて1着。エルリストンは4戦目の前走(芝2200m)を2番人気で勝利。これまで4着→2着→5着→1着と掲示板を外していない。3着候補にはこの2頭を。

結論


ゼンノタヂカラオ
ロイカバード
スマートオーディン

3着候補
エルプシャフト
エルリストン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル