余裕の仕上げで完勝 準備万端スマートオーディン

佐藤直文 レース回顧
京都新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待ってろ皐月組 スマートオーディンが存在アピール

 “東上最終便”の異名も持つレースだが、3年前には勝ち馬キズナがダービーを制し、昨年の勝ち馬サトノラーゼンも2着と好走。近年はダービーとの結び付きも強くなっている感を受けるが、現時点で拮抗と思われる本番への上位争いに、加わる馬が出現するのか。興味はそこに尽きた。

 スマートオーディンは、平均以下の緩めのペースを、後方で折り合い重視という自分の競馬。すでに重賞2勝と断然の実績を誇るこの馬にとって、ここはどんな競馬になっても負けられないところであったが、賞金的に本番出走は確保した上での臨戦であり、ある程度は余裕のある仕上げで、距離を見据えた競馬だったことも確かだ。それを考えれば、3/4という着差以上の完勝だったと言えるだろう。本番では、持ち味の瞬発力が生きる流れ、馬群の外を回って届く競馬、と条件は付くものの、争覇圏の一頭と見ていいはずだ。

スマートオーディン

距離延長も問題なし! スマートオーディンが京都新聞杯を快勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アグネスフォルテは、流れも味方したとはいえ、自分の競馬で力を出し切ったもの。レッドアルディスト(青葉賞2着)からコンマ1秒差2着だった大寒桜賞のレベルの高さも浮き彫りになったと言え、今後も2000mを超える距離ではマークが必要だろう。

 3着ロイカバードは、この距離でも折り合いは付いていたし、久々を考えれば悪くはない内容だ。ただ、現時点ではまだ成長途上であり、ジックリ育てていきたいタイプだろう。

 4着ブラックスピネルは、流れに乗って運べてはいたが、こんなものかもしれない。スマートオーディンに勝った2歳時から成長が一息と言える。

 5着エルプシャフトは、一頭だけ離れた後方からの競馬。キャリア1戦で、明らかに馬が若いという印象を受けたが、直線だけの競馬で掲示板に載ったのは素質の証明だろう。伸びしろは十分にあるので、秋に期待したい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル