待ってろモーリス サトノアラジンが初重賞Vから一気に頂点へ

佐藤直文 レース回顧
京王杯スプリングカップ安田記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬱憤を晴らす弾けっぷり サトノアラジン

 距離1400mということもあり、例年は高松宮記念を使ってきたスプリント路線組とマイル路線組との戦いが図式となる一戦だ。ただ、ここ2年は高松宮記念組が勝っているが、ともに高松宮記念で凡走していた馬であり、逆に好走組は奮わない傾向がある。距離の1ハロン延長のみならず、スピードだけでは太刀打ちできない東京1400mでは、違う資質が要求されるということだろう。

 今回は、その高松宮記念での好走組がおらず、テンの3ハロンは34秒6という緩めのラップであったが、かと言って前の組が流れ込むほどの極端なスローでもなかった。この流れを中団の後ろで追走し、直線で力強く抜け出したサトノアラジンは、これまで重賞で勝てなかったことが嘘のような弾けっぷりだった。1400mは初距離であったが、今日のペースなら追走に苦しむこともなく、持ち味の瞬発力をフルに発揮できたと言える。そして、この流れでコースレコードタイの時計も優秀。もちろん、ベストはマイルの馬であり、勝利後に池江寿師が口にした“待ってろよ、モーリス”の言葉も、単なるリップサービスとは思えない。

サトノアラジン

重賞初Vを豪快な末脚で飾ったサトノアラジン(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サンライズメジャーは、道中シンガリから、勝ち馬と並ぶ最速タイの上がり32秒4の数字をマークしたもの。近走は先行して一息のレースが続いていたが、思い切った待機策が功を奏したと言え、折り合ってスムーズに運ぶことができれば、まだまだ力に衰えはないことを示した。

 3着ロサギガンティアは、内から一瞬は抜け出す競馬だったが、上位2頭にはキレ負けした形。ただ、今日のペースはこの馬にとって緩すぎたと言えそうで、自分の競馬はできていた。平均以上の流れで、持ち前の渋太さを発揮できる形になれば、本番の安田記念でも侮れない存在となるだろう。

 4着ダッシングブレイズは、枠なりに外を回る形になったとはいえ、本来はもっとキレていい馬。ただ、少し行きたがる面も見せ、道中で十分に脚が溜まっていなかった印象も受けただけに、けっして力負けではないと思える。

 5着アイラインは、牡馬の強敵相手を考えれば大善戦と言えるが、ベストの東京1400mではまず崩れない馬であり、オープン特別なら、アッサリ勝てるレベルの走りであった。

 オメガヴェンデッタは、好位からの流れ込みを図ったレースぶりだったが、今日のような瞬発力勝負では、しっかりと脚が溜まらないとダメだろう。エイシンスパルタンは、このペースで逃げて粘れなかったという点で、一線級相手では力負けと判断していい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル