難解・目黒記念は、3つの好走条件を押さえて万券狙い

重賞データ攻略
目黒記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1932年創設。以前は春・秋と1年に2回行われていたこともあり、今年で130回目を数える伝統のハンデキャップ重賞。

実績面での条件は割とシビア

 ここ2年は2桁人気馬が連対して馬連万馬券と波乱の決着。ハンデ戦で2500mという距離も難解さを押し上げているが、過去5年の1~3着馬についての、実績面での条件は以下の3点。

  • 準OPで1着
  • OP特別で連対
  • 重賞で3着以内

 上記の実績が「近3走以内」にあるかどうかが大きな分かれ道。例外は2頭だけで、その2頭については、4~5走前にGIで5着以内という実績があった。まずはここが第一関門。

信頼度は若い馬の方が上

 過去5年の勝ち馬を見ていくと、4~8歳まで、それぞれ1頭ずつ勝ち馬を出しているが、信頼度が高いのは4~5歳馬。

年齢別成績(過去5年)
4歳〔1.1.3.12〕
5歳〔1.4.1.19〕
6歳〔1.0.0.16〕
7歳〔1.0.1.16〕
8歳〔1.0.0.3〕

 今年の4~5歳馬で前述の実績面をクリアしているのはクリプトグラムタッチングスピーチマドリードカフェマリアライトモンドインテロの5頭。

 マリアライトは今回、ハンデ56キロを背負う。牝馬ゆえに実質的にはヒットザターゲットの58キロと同様のハンデである。そして近5年でトップハンデ馬は〔0.0.0.6〕。牡馬が相手でも互角に走っている馬だが、やや不安。

 タッチングスピーチは今回が初の左回り。過去5年の1~3着馬には基本的に「芝2000m以上でコーナー4つの左回り」という条件での好走歴がある。最低でも、2011年1着キングトップガン(メトロポリタンS 0.2秒差6着)、2015年2着レコンダイト(緑風S 0.4秒差5着)位は走れていて欲しいところ。マドリードカフェもこの点でマイナス。

 以上を踏まえて、4走前に東京の芝2300mで1着のあるクリプトグラム、前走で東京芝2400mのメトロポリタンSを勝ったモンドインテロが中心。

 6歳以上の馬で、実績面の条件とタッチングスピーチの項目で挙げた左回り実績をクリアしたのは、サムソンズプライドジャングルクルーズスーパームーンタマモベストプレイリヤンドファミユレコンダイトの6頭。やや頭数はダブついてしまったが、近年の波乱傾向を考えると、リターンは望めるはず。

サムソンズプライド

準オープンを勝った勢いで重賞初Vを狙うサムソンズプライド(手前、撮影:日刊ゲンダイ)

結論


クリプトグラム
モンドインテロ

相手
サムソンズプライド
ジャングルクルーズ
スーパームーン
タマモベストプレイ
リヤンドファミユ
レコンダイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル