父・母父がスプリント王のモンドキャンノは、函館2歳Sの有力候補

優馬2歳馬&3歳馬チェック
函館2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既に古馬と互角の走り!? モンドキャンノ

6/19(日) 函館5R 2歳新馬 芝1200m
モンドキャンノ 牡 馬体重:472kg
★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕
騎手:戸崎圭 厩舎:(栗) 安田隆
生産:ノーザンファーム
馬主: ユアストーリー
父キンシャサノキセキ
母レイズアンドコール(サクラバクシンオー)

パドックで少しテンションが高く、道中は折り合いに専念する形。それでも好位の外目を手応え良く追走し、直線では難なく抜け出して快勝。おそらく、自身のラスト1Fは11秒フラットか10秒台だろう。最終追いではOP馬オメガヴェンデッタと互角に動いており、素質は相当。キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーという血統に、短距離馬の育成に定評のある安田隆厩舎。今後も短距離路線を賑わせてくれそうだ。

馬体診断

ゴテゴテのスプリンター体型というわけではなく、ある程度の軽さを持ち合わせている。ややテンションは高かったので、2戦目以降のパドックや返し馬などを注意深く見ておきたい。体型的には1400m位まではこなせそうか。バランスの良い馬体でフットワークにも安定感がある。まだ伸びしろもあり、期待感は十分。

血統診断

母は短距離で活躍、全5勝を挙げてアイビスSDで3着の実績がある。父、母父はともにスプリントチャンピオンという配合。同種の配合例はまだ少ないが、2012年産のリターンストロークは直線競馬で未勝利勝ち。激しい気性を秘める同馬なら、距離短縮という手もあるか。

馬券の狙い目→函館2歳Sの有力候補。勝ち切るイメージはないが、秋以降は1400mでも。また、直線競馬に出てきたら積極的に狙いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル