強気の競馬で快勝レヴァンテライオン 2着モンドは「これからの馬」

佐藤直文 レース回顧
函館2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解禁3日目の函館で怪物捕獲 レヴァンテライオンが世代一番星に

 函館は開催6週目ながら、芝は良好な状態をキープ。このあたりは、造園技術の進歩やエアレーションなどの効果か。同じ芝1200mで行われた日曜1Rの未勝利戦で1分9秒台の時計が出ただけに、レコード決着にも驚けなかったが、それだけのタレントが集った一戦でもあった。

 レヴァンテライオンは、一番のスタートを切ってスッと控えたことで、テンの3ハロンが33秒台のラップでも楽に追走できていた。追い出しを待たされた前走とは対照的に、直線を向いて早目に抜け出すという強気の競馬。三浦騎手の頭の中には、当然、背後から忍び寄る大本命馬の存在もあったはずだが、この形で押し切れるという確信があったのだろう。その初戦こそ勝ち時計は平凡だったが、余力を残した勝ち方自体は良く、ここへの上積みも大きかったと言える。

 2着モンドキャンノは、序盤で少し行きたがっていたが、それでも直線は勝ち馬の内からよく脚を伸ばしていた。この中間に一旦放牧を挟んでいたが、序盤の力みはその影響があったのかもしれない。ただ、今回は負けたとはいえ、まだまだこれからの馬。距離の融通も利きそうであり、怪物級との評価は下げられない。

 3着タイムトリップは、福島で勝ち上がっての転戦であったが、陣営が洋芝向きと睨んだ通りの走り。ロスのない鞍上の騎乗ぶりも光った。

 4着メローブリーズも、出負けしたものの内枠からロスなく立ち回ったことが好走の因。しっかりと末脚を使うタイプで、これは距離が延びて更に、というタイプだ。

 5着ドゥモワゼルは、4角大外から直線を向いたあたりでは勝ち負けになるかの手応えだったが、やはり3・4着馬あたりとはコースロスの分と言えそうであり、ロスなく運べていたとしてもモンドキャノンには届かなかっただろう。

 ロイヤルメジャーは、控える形で位置取り自体は悪くなかったが、やはり行ってこその馬か。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル