STOPモレイラに成功ブランボヌール 秋GIでも台風の目に

佐藤直文 レース回顧
キーンランドC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モレイラ旋風を止めたのは “なでしこ”ブランボヌール&戸崎圭太

 ここは函館スプリントSの上位馬が揃っての再戦ムード。実際にその1~3着馬が今回も2~4着に収まって力は示したと言えるが、それらを上回る馬が新たに参戦して勝利を飾った形となった。

 ブランボヌールは、春が一戦毎に馬体を減らしていたが、それでもNHKマイルCは強い内容での6着だった馬。そこから馬体を20キロ戻して、持てる力を出し切れたと言える。これで洋芝の1200mは3戦3勝となったわけだが、走り自体は軽い芝でもと思わせるものであり、今の馬体を維持できれば秋のスプリント戦でも台風の目となるだろう。

 2着シュウジには、モレイラ騎手に騎乗機会連勝の新記録もかかる一戦となったわけだが、これまた前走から馬体を戻しており、実際に函館スプリントS組は完封したという点においても、正攻法の逃げで目標となったことが敗因ではない。勝った馬を褒めるしかないだろう。

 3着レッツゴードンキは、行きたい馬を先に行かせて、という前走と同じようなレース運びだったが、それでもここまで、という印象。ただ、前走に続いて上位とは斤量差があったことを考えれば、スプリント適性自体は確かなものと言える。

 4着ソルヴェイグは、出負けして自分の形で運ぶことができなかったことを考えれば、よく走っている。着順こそ落としたが、前走がフロックではなく、力を付けていることを改めて示した形だ。

 5着ナックビーナスは、先行して直線でも見せ場十分の内容。出走した3歳牝馬が全て掲示板に載ったという点でも、世代牝馬のレベルの高さを示したと言えよう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • 単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 優馬本紙の馬柱
  • 動画・写真
  • 短評

優馬@ソーシャル