中1週で一変 アポロケンタッキーが強い内容で重賞初V

佐藤直文 レース回顧
みやこS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざGIの舞台へ アポロケンタッキーが待望の重賞V

 序盤こそけっして速い流れではなかったが、逃げたモンドクラッセは終始突つかれる形で、淀みない流れに。木曜にJBCが行われたため、超一流馬の参戦こそなかったが、タイトな流れでの攻防に見応えがある一戦であった。

 アポロケンタッキーは、3角から外を回って動いて行って、直線で早めに抜け出す形。こういう競馬をされては前の組は苦しくなったと言えるが、最後に後続に迫られたとはいえ、これで押し切ったのは強いの一言だ。長距離輸送帰りの中1週ながらビッシリ追われての臨戦だったが、案外だった前走は調整ミスがあったのかもしれない。

アポロケンタッキー

早目の進出から押し切ったアポロケンタッキー(黄帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着グレンツェントは、先に抜け出した勝ち馬にクビ差まで迫ったところがゴールだったが、初の古馬相手でこれだけ走れば立派なもの。勝ち馬ともども、チャンピオンズCでもマークすべき存在となるだろう。

 3着ロワジャルダンは、結果が出ていなかったここ数戦とは違って後方から運んだが、直線でうまくインを捌いて前に迫ったもの。やはり、脚を溜めて差すこの形の方がいい馬だろう。

 4着モンドクラッセは、内枠を利してハナに立ったまでは良かったが、前述したように息の入る逃げではなく、加えて勝ち馬の早目の仕掛けも厳しかったと言える。

 5着メイショウヒコボシは、好位勢にとっても楽な展開ではなかったが、最後は差し返し気味に伸びていた。オープン特別あたりなら勝負になっていい馬だろう。

 ラニは、後方からチョロっと脚を使っただけの競馬に終わったが、久々の右回り、というより京都コース自体が合わない印象を受けた。米国遠征でもタイトな日程での3戦目に結果を出した馬であり、叩き3走目で、コース的にも向きそうな中京コースに替わる本番では、変わっても不思議はない。アスカノロマンは、流れが厳しかったとはいえ、逃げた馬に並びかけるシーンすらなく脱落してしまった、ちょっとだらしない内容。前走あたりも、らしさの見られない競馬だっただけに、デキ自体に問題があるのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

優馬@ソーシャル