ジューヌエコール無傷3連勝も… 超スローでクラシック参考外

佐藤直文 レース回顧
デイリー杯2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真価は次走以降に されど無傷のジューヌエコール

 前半4ハロンが48秒4で、後半4ハロンが46秒2と、2秒以上の開きがあるほどの超スロー。完全に上がりだけの競馬となったもので、正直言って、今日の結果が今後の戦いにおいて参考になるとは思えないほどだ。

 1400mでの2戦2勝で臨んだジューヌエコールは、好位のインで我慢をさせて、直線では逃げた馬をキッチリと捕らえたところがゴール。距離延長にも対応して、内容的にも着差以上の完勝だったと言えるが、今日ほどのスローなら勝って当然の位置取りであったし、1600mが合っているのかどうかの判断も付きにくい。これでクラシックの有力候補になったことは確かだが、無傷の3戦3勝を額面通りには受け取れない気もする。

ジューヌエコール

デビューから無傷の3連勝を収めたジューヌエコール(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ボンセルヴィーソは、これだけ楽なペースで逃がしてもらえば、残って当然だったか。デビュー当時から成長は示しているものの、今後も余程恵まれないと厳しいだろう。

 3着サングレーザーは、この遅い流れで行きたがるのを懸命に宥めて折り合いを付けた形。それもあってか、追われてジリジリとしか伸びなかったが、こういう競馬ができたことは、今後に繋がると思える。

 4着ディーパワンサは、久々だったせいか反応が一息だったが、最後はよく伸びていた。こちらは距離が延びても大丈夫と思えるし、次は大きく変わっていい。

 5着ベルカプリは、道中2番手でスムーズに折り合えていたが、結果的に逃げた馬とは上がりも一緒の数字で、前走のようにハナへ行っていれば着順が逆になっていた可能性もある。

 タイセイスターリーは、出負けして外を回る形で追い上げたものの伸びを欠いた形。今日の流れでは届かない位置取りだったことも確かだが、現状では初戦のような前に行く競馬しかできないのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル