早めのペースアップで快逃 福島巧者マルターズアポジー

佐藤直文 レース回顧
福島記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あれよあれよの一人旅 マルターズアポジー大金星

 序盤に主導権争いもなく、前半1000m61秒0のスローぺースだったが、後続の差し馬勢が勝負どころで牽制し合ったのか、前に迫る馬がおらず、直線を向いたところでもかなりのセーフティリードに。最後は勝ち馬の脚も上がっていたとはいえ、危なげのない逃げ切りだった。

 マルターズアポジーはそんな展開が全てだったとはいえ、3コーナー手前あたりから少しピッチを上げたことにより、後続の早目の追い上げを封じたと見ることもできる。条件戦を連勝してきた上り馬だったが、3歳時にはラジオNIKKEI賞で逃げ粘っての3着もあったコース巧者であり、走られて不思議のない馬でもあった。

 2着ゼーヴィントは、前を見る形で運んで最後もよく脚を伸ばしていたが、結果的にはもっとマクり気味に動いて行かなければいけなかったか。菊花賞をパスしての臨戦で、勝利が至上命令だったことを考えても、消極的な乗り方が惜しまれる。

 3着ダイワドレッサーは、道中の位置取りを考えれば、よくここまで差してきたと言えるが、ラジオNIKKEI賞ではゼーヴィントの2着だった馬であり、コース適性は十分に示した形だ。

 4着マイネルハニーは、勝ち馬にハナを譲っての2番手で折り合えていたが、3コーナーでのペースアップに自身が苦しくなったあたり、まだ力不足の感を受けた。それでも掲示板に残ったのは、展開の利があったということだが…。

 5着ケイティープライドは、中団から勝負どころでも動かずに直線に賭けたが、前が止まる流れではなかっただけに、これが精一杯だった。

 シャイニープリンスは、4角シンガリという絶望的な位置から、馬群を縫うようにして追い上げた脚には見どころがあった。今日は仕方のない結果とはいえ、こういう競馬ができるのなら、どこかで穴を開けそうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル