兄2頭もGI馬 名牝シーザリオの仔グローブシアター、その★評価は…

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクトで品のある馬体 グローブシアター

11/13(日) 京都5R 2歳新馬 芝1800m外
グローブシアター 牡 馬体重:438kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:福永 厩舎:(栗) 角居
生産: ノーザンファーム
馬主: キャロットファーム
父:キングカメハメハ
母:シーザリオ(スペシャルウィーク)

スタートは悪くなかったが、そのまま馬に任せて中団へ。道中は折り合いも付いており、それでいて行きっぷりも良かった。徐々に前との差を詰めていき、直線では外へ進路を取ると更に外から3着馬が馬体を併せにきたが、逆に突き放してデビュー勝ち。ラスト2Fは11秒4-11秒3。GI馬の兄2頭ほどインパクトのある勝ち方ではないが優秀と言えよう。

グローブシアター

コンパクトな馬体を弾ませてデビュー戦を制したグローブシアター(青帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

430キロ台という小柄な馬体で、活躍した兄達が500キロ前後だったことを考えると、少し物足りなさもある。ただ、コンパクトにまとまって品のある馬体は流石にこの血統。そして兄達ほど気性面に不安もなさそうなのは好材料。爆発力に優れた兄達と比べるとセンスの良い優等生タイプという表現が当てはまりそうで、長目の繋や柔軟な脚捌きから距離の融通は効きそう。

血統診断

母シーザリオはオークスを制した3歳牝馬チャンピオン。半兄エピファネイアは菊花賞とジャパンCを勝ち、全兄リオンディーズはデビュー2戦目で朝日杯FSを勝利した。ポテンシャルは高いが、気性面で難しいところがあったり、何より体質面に不安要素があるのも心配ではある。現に前述の兄2頭は故障で引退を余儀なくされたという経緯も。血統的にはマイルもこなせるが、本質的には芝中長距離がベスト。

馬券の狙い目→無事ならクラシック路線に顔を出してくるはず。ただ、兄達ほど勝ち切れるタイプではなさそうで、堅実なタイプ。2~3着候補に押さえたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

優馬@ソーシャル